日吉でも高校野球予選、3/23(土)から慶應塾高と日大高が春季大会の試合会場に

横浜日吉新聞

春は「センバツ甲子園」だけでなく、日吉でも高校野球の試合が行われます。

夏の甲子園大会予選へのシード権をかけた春季神奈川県大会(春季大会)横浜地区予選が今週(2018年3月)23日(土)から26日(火)まで、慶應義塾高校(慶應塾高、日吉4)の「慶應日吉台野球場」(日吉キャンパス内)と日本大学高校(日大高校)の「第二グラウンド」(日吉6)が試合会場となっています。

春季大会の横浜地区予選が行われる日吉6丁目の「日大高校第二グラウンド」

慶應塾高が所属する「Bブロック」は、関東学院、横浜立野、舞岡の4校、日大高が所属する「O(オー)ブロック」では氷取沢(ひとりざわ)、横浜翠陵(すいりょう)、浅野の4校がそれぞれ総当たり23日(土)・24日(日)・26日(火)の3日間(順延日あり)で1日あたり2試合(第一試合10時/第二試合12時30分=予定)を行い、各ブロックの上位2校が4月6日(土)からの神奈川県大会(4月28日まで予定)で戦うことになります。

このほか、港北区内では武相高校(妙蓮寺駅下車)が横浜地区予選の会場に、元住吉駅近くの住吉高校は川崎地区予選の試合会場となっています。

【関連記事】

<慶應塾高>早くも横浜高校と対戦、秋季大会の準決勝は10/6(土)にCATV中継も(2018年10月5日、慶應高は県大会決勝で敗退し春のセンバツ大会へは出場できず)

<春の横浜地区予選>日大高グラウンドで6試合、甲子園の慶應塾高は県3回戦から(2018年3月22日、昨年の記事)

【参考リンク】

春季神奈川県大会「横浜地区予選」の組み合わせ(神奈川県高野連)(Bブロックが慶應塾高、Oブロックが日大高校)

春季神奈川県大会のページ(神奈川県高野連)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧