夏の甲子園を目指し2回戦で「慶應vs日大」、7/13(金)に横浜スタジアムで

横浜日吉新聞

2回戦で“日吉対決”が実現することになってしまいました。日本大学高校(箕輪町2)は、夏の甲子園を目指す「北神奈川大会」の開幕試合となるきのう(2018年7月)8日(日)の1回戦で、公立の大師高校に9対1の7回コールドで圧勝。今週13日(金)に行われる2回戦でシード校の慶應義塾高校(慶應塾高、日吉4)と対戦となります。

今週13日(金)11時から横浜スタジアムで慶應高校と日大高校が対戦する

日吉駅前の日吉キャンパス内にある慶應塾高と、箕輪町2丁目にある日大高校。わずか1.3キロほど離れた両校は、高校野球の強豪として知られますが、慶應塾高が夏17回、春9回の出場経験を持つのに対し、日大高は昨年夏の県大会で準決勝、一昨年夏は準々決勝に進むなど県内有力校の一つではあるものの、甲子園の出場経験はまだありません。

近年、両校は秋や春の大会の準決勝や決勝で当たっており、接戦を繰り広げています。2008年10月に行われた「秋季神奈川大会」の準決勝では、慶應塾高が3対1で逃げ切って勝ち、2005年5月の「春季神奈川大会」は決勝戦で、延長11回の末に14対10で日大高校が逆転勝ちをおさめ優勝しています。

夏の甲子園を目指す日吉の両校が、早くも今週金曜日にはどちらかが消えてしまうことになってしまう今大会。9年以上ぶりとなる日吉対決はどのような戦いになるのでしょうか。

両校の試合は13日(金)11時から横浜スタジアムで行われ、入場料は一般500円、高校・中学生は200円、小学生以下無料となっています。開門は10時の予定。同試合のテレビ中継は予定されていません

【関連記事】

<高校野球の日吉対決>左腕エースの投手戦は慶應が勝利、日大は7回に力尽きる(2018年7月13日、試合レポート)

<夏の甲子園へ県大会>慶應・日大・港北が同ブロック、2回戦で“日吉対決”の可能性(2018年6月11日)

<夏の甲子園へ北神奈川大会>7/8(日)午後に日大高校が開幕試合、TVKで生中継(2018年7月6日)

【参考リンク】

横浜スタジアム開催試合について(横浜スタジアム、7月13日金曜日11時から慶應vs日大)

慶應高校の戦績(朝日新聞バーチャル高校野球)

日大高校の戦績(朝日新聞バーチャル高校野球)

横浜スタジアム試合速報(同スタジアム開催試合のみ)

TVKの高校野球「第100回神奈川大会」特設ページ(試合速報など)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧