未来の“スマートテニス”と車いすテニス体感、港北区が3/4(日)に日吉でイベント

横浜日吉新聞

スポーツデータの活用による未来のスマートテニスパラリンピックスポーツの楽しさを体感できる機会です。港北区は来月(2018年3月)4日(日)に「車いすテニス体験×データ活用」と題した体験イベントを開きます。

港北区では2017年6月以降、慶應大学と連携しスポーツデータの収集や分析に関する取り組みを行っている(港北区の特設ページ

“スマートテニスプロジェクト”と名付けた今回のイベントは、GPS受信機やスピードガンなどから収集したデータを活用した未来の車いすテニスを体験するとともに、パラスポーツを学べるというないようになっています。

イベントは慶應義塾大学が主催する恒例の国際テニス大会「Keio Challenger International Tennis Tournament 2018(慶應チャレンジャー国際テニストーナメント)」(男子の部:2月24日~3月4日)の開催が予定されている日吉キャンパスの蝮谷(まむしだに)テニスコートで13時30分から17時まで行われ、定員は小学生以上の30人。22日(木)までに事前の申し込みが必要で、応募者多数の場合は抽選となります。

【関連記事】

データ収集・分析でスポーツをもっと面白く、11/17(金)に慶應協生館でセミナー(2017年11月11日)

日吉の慶應大学院+ラグビー部、日吉台小の5年生に行った先進的な授業とは(2017年7月3日、スポーツデータを活用した小学生向け授業のレポート)

【参考リンク】

車いすテニス体験×データ活用 慶應義塾大学で開催します!(港北区、3月4日開催、応募もこちら)

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2018(2月24日~3月4日開催)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧