<悲願のセンバツへ>慶應塾高が9/23(土)に準決勝、翌日の決勝含めCATVで生中継

横浜日吉新聞
日吉スポーツ

日吉スポーツ来春2018年の第90回選抜大会(春のセンバツ甲子園)出場の要件となる「関東大会」への進出をかけた「秋季神奈川大会」。準決勝(ベスト4)に慶應義塾高校(塾高)が残っており、あす23日(土・祝)12時15分から鎌倉学園高校(鎌倉市)と戦います。昨年(2016年)秋の県大会で慶應塾高は横浜高校を倒して優勝したものの、次の関東大会で惜しくもベスト4に残れず、甲子園出場を逃しているだけに負けられない一戦となりそうです。

先月(8月)19日に日本大学高校や慶應塾高など日吉の野球場でも行われた地区予選を経て、神奈川県のトップを決める県大会の最終盤。今大会では雨天での試合順延が続いた慶應塾高でしたが、平塚学園高校や藤嶺藤沢高校といった有力校を振り切り、準決勝へ進みました。

かながわCATV情熱プロジェクトによる4回戦以降のトーナメント表

一方、日大高校は4回戦で終盤まで優位に試合を進めていたものの、横浜隼人高校にまさかの逆転サヨナラ負けを喫し、春のセンバツ出場は絶望的になってしまいました

春の甲子園は「センバツ」という名の通り、主催者が出場校を“選抜”して行う大会。神奈川県の場合、選ばれる基準となるのが関東大会での成績です。関東7県の1~2位校(開催県のみ3位まで出場)の15校で争われる同大会で、ベスト4に残れば春の甲子園出場がほぼ確定と言われています。

なお、今年の関東大会は、来月(2017年10月)21日(土)から25日(水)まで神奈川県内での開催が予定されています。開催県となっているため、1位(優勝)校と2位(準優勝)校に加え、準決勝で敗れた2校による3位決定戦(関東大会代表決定戦)を経て、3校が出場可能。つまり、現在県大会のベスト4に残っている4校のうち、3校は関東大会へ進めるというめずらしい機会です。

保土ケ谷球場で行われる23日(土・祝)の準決勝2試合と、翌24日(日)の3位決定戦(9時30分開始予定)と決勝戦(12時45分開始)の計4試合はいずれもイッツコムやYOUテレビなどのケーブルテレビ局で生中継予定です。

【関連記事】

春のセンバツを目指す新チームの戦い、8/19(土)から日大高と慶應塾高で地区予選(2017年8月18日)

<2017高校野球・秋季大会>日吉で9/3(日)に県大会2試合、慶應塾高グランドで(2017年9月2日)

<慶應塾高>ついに横浜高校に勝利し優勝、10/22からセンバツ出場争う関東大会へ(2016年9月28日、昨年は慶應塾高が優勝)

【参考リンク】

秋季神奈川大会のケーブルテレビ生放送特設ページ(9月23日と24日に4試合を放送、かながわCATV情熱プロジェクト)

4回戦(ベスト16)以降の組み合わせ表(かながわCATV情熱プロジェクト)

神奈川県高等学校野球秋季大会の記録(神奈川県高野連、地区予選からの全試合結果)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)