慶應最大の日吉キャンパス、4年ぶり研究公開大型イベントを11/26(土)開催

横浜日吉新聞

慶應義塾大学日吉キャンパスは、2012年以来4年ぶりとなる研究・教育発表イベント「Hiyoshi Research Portfolio 2016=日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)」を今月(2016年11月)26日(土)に開きます。授業体験やワークショップ、講演会、研究・教育活動の紹介など、多数の催しが予定されており、高校生や受験希望者はもちろん、地域の住民も参加が可能です。

4年ぶりに11月26日(土)に開かれる「日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)」のポスター(HRP2016のFacebookページより)

4年ぶりに11月26日(土)に開かれる「日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)」のポスター(HRP2016のFacebookページより)

日吉キャンパスは、7学部の教養課程と3つの大学院、10の研究所・センター、さらに慶應義塾高校(塾高)と普通部(中学校)で構成される慶應義塾が持つ最大のキャンパスとなっています。

日吉リサーチポートフォリオは、そこに勤務する教職員や研究者らの研究成果を広く発表する場として、2005年に開始。2006年と2008年、2012年と4回にわたって開かれてきました。

4年ぶりとなる今回は「『三国志』の世界~中国古典のサブカルチャー」(13:30~14:30)、「浮世絵を語れ~知的冒険のはじまり」(14:45~16:15)といった内容も交えた16の授業が公開されるほか、「南極クマムシ調査隊」(10:45~11:45)、「パラリンピックを終えて」(14:45~16:15)などの6の講演会・シンポジウムも予定されています。

「日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)」の公式ホームページ

「日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)」の公式ホームページ

また、「落語体験ワークショップ―落語を聴いてみよう、演ってみよう」(15:00~17:00、要事前登録)や「映画『楢山節考』(木下惠介監督)を見て老いを考える」(13:00~16:15、要事前登録)などのワークショップも注目です。

日吉学より デジタル地図で見る「日吉」の自然と歴史のビジュアライゼーション(可視化)」(来往舎2階中会議室)や「デジタル知の文化的普及と深化に向けて-DMCのプロジェクト」(同)など、日吉キャンパスで行われている研究や教育内容を研究者が直接紹介するコーナーも設けられます。

開催時間は10時から17時まで、入場無料。なお、ワークショップなど一部イベントは事前に申し込みが必要です。

【参考リンク】

Hiyoshi Research Portfolio 2016=日吉リサーチポートフォリオ(HRP2016)の公式ホームページ

11月26日(土)の「HRP2016」で開催されるイベント一覧

会場別の11月26日(土)の「HRP2016」開催イベント一覧


関連スポンサー広告(グーグルから配信)