<トレッサ>冬のイルミ刷新で巨大ツリー登場、連絡橋の初ライトアップにも挑戦

横浜日吉新聞

トレッサに巨大ツリーが登場、連絡橋の初ライトアップも冬の話題となりそうです。

トレッサ横浜で来年(2022年)2月23日まで(一部は12月25日まで)点灯される冬のイルミネーション「リヨンのクリスマス」のイメージ(トヨタオートモールクリエイト提供)

トレッサ横浜で来年(2022年)2月23日まで(一部は12月25日まで)点灯される冬のイルミネーション「リヨンのクリスマス」のイメージ(トヨタオートモールクリエイト提供)

師岡町にある大型商業施設「トレッサ横浜」(株式会社トヨタオートモールクリエイト運営、本社:愛知県名古屋市)では、あす(2021年)11月3日(水・祝)から、来年(2022年)2月23日(水・祝)まで(一部は12月25日まで)、冬のイルミネーション「リヨンのクリスマス」を点灯します。

毎年の恒例となったイルミネーションですが、今年はこれまでの装飾からリニューアル

横浜市の姉妹提携都市・フランス・リヨン市の市街地をイメージして作られているというトレッサらしく、「光の祭典」を伝統行事としているリヨン市のクリスマス「ノエル・ア・リヨン」をテーマに、“豊かな水の恵み”と“歴史ある街並み”をイルミネーションで表現、“きらめく世界”を展開する予定といいます。

北棟2階「リヨン広場」でも、「圧倒的な光で幻想的な空間」を演出する予定(イメージ、同社のプレスリリースより)

北棟2階「リヨン広場」でも、「圧倒的な光で幻想的な空間」を演出する予定(イメージ、同社のプレスリリースより)

「水辺の街」をテーマとし、水面を演出した揺らぎのあるライティングや、高さ6メートルの巨大ツリーが登場。

ツリーのまわりに、踏むと色が変わり、“ドレミファソラシド”の音が鳴るステップライトを設置することで「光と音の動きと変化インタラクティブ(双方向)にお楽しみいただけます」と同社・企画担当の菊池円(まどか)さん

今年度は、リヨンの旧市街地の街並みを再現しているという北棟2階「リヨン広場」でも、「圧倒的な光で幻想的な空間」を演出するといい、環状2号線上にかかる南棟・北棟連絡通路「リヨンブリッジ」では、ブリッジのライトアップに初めてチャレンジするとのことで、「地域の皆様と心あたたまるひとときを共有したい」と、菊池さんは今回のイルミネーションに込めた想いを熱く語ります。

環状2号線上にかかる南棟・北棟連絡通路の「リヨンブリッジ」では、ブリッジのライトアップに初チャレンジ(イメージ、同社のプレスリリースより)

環状2号線上にかかる南棟・北棟連絡通路の「リヨンブリッジ」では、ブリッジのライトアップに初チャレンジ(イメージ、同社のプレスリリースより)

好評を博しているという「鉄道模型のクリスマスジオラマ展示」も、あわせ今年も実施する予定だといい、冬のトレッサでクリスマス気分を楽しめそうです。

なお、点灯初日(3日)の18時から、南棟1階センターガーデンでおこなわれる点灯式では、毎年好評だというアイススケートリンク「わくわくアイスワールド」がスタートすることもあり、ゲストにプロフィギュアスケーターの小塚崇彦さん、横浜市をホームタウンとするプロアイスホッケーチーム「横浜グリッツ(GRITS)」キャプテン・熊谷豪士選手と、副キャプテンの岩本和真選手を迎え、トークセッションを開催。

当日、先着順で募集した一般の参加者とともに会場でキャンドルセレモニーをおこない点灯する予定とのこと。

プロフィギュアスケーターの小塚崇彦さん(同社のプレスリリースより)

プロフィギュアスケーターの小塚崇彦さん(同社のプレスリリースより)

点灯式の後には、小塚さんが後進の育成を行う「小塚アカデミー」の生徒によるアイスリンクショーもおこなわれることもあり、アイススケートの風情も感じることができそうです。

点灯式への参加は先着30組まで(1組6人まで。小学生以下のみのグループは入場不可)。当日16時30分から南棟1階イベント広場にて整理券を配布(観覧無料)。

新型コロナウイルス感染症対策として、「参加人数を限定し実施します。発熱・体調不良の症状がある場合は、ご来場をお控えください」(同社)とのことです。

プロアイスホッケーチーム「横浜グリッツ(GRITS)」新キャプテンをつとめる熊谷豪士選手(右)と岩本和真選手(左)がゲストとして登場予定

プロアイスホッケーチーム「横浜グリッツ(GRITS)」新キャプテンをつとめる熊谷豪士選手(右)とオルタネイトキャプテン(副将)の岩本和真選手(左)がゲストとして登場予定

点灯初日以降のイルミネーションの点灯時間は17時から21時までを予定、状勢により点灯時間を変更する場合もあるとのこと。

同社では、使用電球数が約10万球にもおよぶ今回のイルミネーションの実施にあたり、一般財団法人日本品質保証機構(東京都千代田区)が認証する「グリーン電力証書システム」に参加。

イルミネーションやアイススケートリンクでの総使用電力相当量5万2000キロワットアワー(kwh)について、バイオマス発電を含む「環境にやさしいグリーン電力」を使用、持続可能なクリーンエネルギーの普及にも取り組む計画です。

【関連記事】

トレッサでXmasイルミ点灯、グリッツ選手やチア、プロスケーターの来場も(2020年11月4日)※昨年の点灯式の様子など

<横浜グリッツ>参入25試合目でつかんだ初勝利、敵地の東北で歓喜(新横浜新聞~しんよこ新聞、2021年11月1日)※10月30日(土)に東北・八戸で念願の初勝利をおさめた

【参考リンク】

イルミネーション点灯式2021「NOEL A LYON~リヨンのクリスマス」(トレッサ横浜公式サイト)※イベント概要やYouTube生配信へのリンクなど

トレッサ横浜とは~横浜の姉妹都市、リヨンの街を歩く気分で、クルマと暮らしを楽しもう。(同)


カテゴリ別記事一覧