畳の上で“ジャズライブ”、9/21(金)夜に下田町の「よってこ」が恒例の人気企画

横浜日吉新聞

畳の上で気楽に“ジャズライブ”を楽しみませんか――。下田町6丁目の一軒家を活用した異世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」では、恒例企画として人気を集めるジャズライブを今月(2018年9月)21日(金)の夜に開きます。

畳の上で楽しめるよってこしもだの「ジャズライブ」は9月21日(金)の夜に開催(主催者提供)

よってこしもだでは、“難しく敷居が高い”といったイメージのあるジャズを子育て中の両親らにも子連れで気軽に親しんでほしいとの思いから、これまで3回にわたって「畳の上のジャズライブ」を企画してきました。

今回出演するボーカルの井川容司美(よしみ)さんは、慶應義塾大学を卒業後、下田町内で二児を育てながら歌を両立する“ママジャズシンガー”として知られます。よってこしもだが開設された当初から、地元下田町の子育てママとして、「私にも力になれることがあれば協力したい」と活動を支援してきたといいます。

また、ジャズピアニストの杉山貴彦さんは、米バークリー音楽大学を卒業後、ロサンゼルスなどで作曲を学び、帰国後は横浜や都内で演奏活動を続けています。井川さんを通じ、よってこしもだの活動に共鳴し、これまで3回にわたって畳の上でハイレベルなピアノ演奏を披露してきました。

ジャズを“家にいる”ような雰囲気のなかで楽しめるのが特徴(2017年10月開催時、主催者提供)

“異例”ともいえる環境のなかで、ジャズを楽しめることから根強いファンの多い今回の企画は、21日(金)の18時30分から20時まで開催。入場料はワンドリンク付きで大人1500円、子どもは500円で、未就学児の入場は無料。会場の都合上、事前申し込みが必要で、よってこしもだへのメールやインターネット上の申し込みフォーム、電話などで受け付け中です。

よってこしもだは、2013年9月に「新田坂下(しんでんさかした)」バス停に近い住宅街で、一軒家の空き家を活用した異世代交流スペースとしてオープン。地域のボランティアと慶應大学の学生らも協力し、これまで5年間にわたって野菜の販売や英会話教室、学習の支援など、さまざまな活動を展開。世代を問わず地域の人が集まれる拠点として親しまれています。

【関連記事】

子連れでジャズを楽しめる、12/18(金)夜に「よってこしもだ」クリスマスライブ(2015年12月17日)

“空き家”活用の先進事例「よってこしもだ」で月2回の親子英会話教室(2015年12月5日)

【参考リンク】

えんがわの家よってこしもだの公式サイト(ライブの案内も)

えんがわの家よってこしもだのFacebookページ

9月21日(金)の夜開催「よってこしもだジャズライブ」の申し込みフォーム


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧