<週間ランキング>日吉駅前の相次ぐ閉店、相鉄直通線の工事状況記事が読まれる

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年2月)2日(金)から8日(木)までの7日間で計23万7133ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2月2日(金)に公開した「<閉店が相次ぐ日吉駅前>肉バル・薬局・花店・喫茶店・高級レストランまで10店以上」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <閉店が相次ぐ日吉駅前>肉バル・薬局・花店・喫茶店・高級レストランまで10店以上(19,184、2月9日)
    → 昨年秋ごろから日吉駅前で閉店の情報ばかりが目立つようになり、「何かおかしい」と感じて集計した記事です。閉店要因を大きく分けると、(1)「店主が高齢化して後継者がいない」(2)「ビルオーナーの意向(家賃・方針など)と合わなくなった」(3)「売上不振」――の3点で、地元の老舗は(1)が多く、チェーン店は(2)(3)の理由が多いように見え、複数の理由が重なった店舗もあります。かつて「(1995年に)東急百貨店が進出してきた時も多くの地元店が店をたたんでいる」(ある商店主談)という歴史も経ているだけに、商店街が良い形で変化する過程の出来事だと信じたいところです
  2. 「アピタテラス」が公式サイト、フードコートやレストランなど専門店の求人一覧も(10,037、1月6日)
    → 4週連続でのランキング登場となりました
  3. <相鉄直通線>日吉駅付近や綱島トンネル、新綱島駅などの工事進捗を公開(6,732、2月5日)
    → 久しぶりに鉄道・運輸機構が写真などを公開しました。新綱島駅から箕輪町へ掘り進む「綱島トンネル」は、掘るための準備を新綱島側で進めている状況とのことです
  4. 綱島街道の拡幅は「北綱島~綱島交差点」間で先行、2018年度中の着手を表明(6,608、2月6日)
    → これまでは調査段階でしたが、4月から始まる平成30年度予算に整備費用が新たに計上されました。たとえ着工しても長い期間を要しますが、まずは工事が始まることは朗報といえそうです
  5. アピタテラスで「くまざわ書店」「サーティワン」「QBハウス」など4テナントが求人(6,325、2月7日)
    → どこの書店チェーンも経営に苦労しているなかですが、旧アピタ日吉店に続き、ショッピングセンター内出店に強みを持つくまざわ書店が入ることになりました。これで2月9日時点で約60テナントのうち、37テナントが明らかになっています
  6. <アピタテラス>マクドナルドやマツキヨ、はなまる、カフェなど10店が新たに求人(5,825、1月30日)
    → 2週連続でのランキング登場となりました
  7. <アピタテラス綱島>ニトリの小型店やABCマート、Zoffなどが求人情報を掲載(3,900、1月16日)
    → 4週連続でのランキング登場となりました
  8. トレッサ横浜にニトリの小型店「デコホーム」進出、3月下旬オープンを告知(3,539、2月5日)
    → ニトリの小型店は今年、アピタテラスだけでなく、トレッサにも出店が決まりました。樽町「T-PLATZ」内の「ニトリ綱島店」が2009年に閉店以後、港北区内には新横浜店しかなかったため、日吉や綱島からもニトリを使う機会が多くなりそうです
  9. あす2/3(土)16時から日吉神社で恒例の”豆まき”、今年は土曜日開催に(3,240、2月2日)
    → 日吉では日吉神社に加え、日吉本町2丁目の金蔵寺でも豆がまかれました
  10. 綱島SSTの「アピタ」開店は来年春頃か、売場やテナントの全面見直しで遅れ(3,626、2017年5月15日)
    → 9週連続でランキング登場となりました

※新横浜エリアの週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧