菊名で新幹線の高架橋からコンクリート片、日吉や綱島の高架下は大丈夫?

横浜日吉新聞
落下した場所と落下したコンクリート片(JR東海のニュースリリースより)

落下した菊名7丁目の駐車場と落下したコンクリート片(JR東海のニュースリリースより)

今週(2016年8月)15日(月)の16時15分ごろ、菊名7丁目を通る東海道新幹線の高架橋からコンクリート片が7.5メートル下の駐車場に落下していたことがわかりました。JR東海が同日発表したものです。

JR東海によると、落下したコンクリート片は全部で4つの塊(かたまり)で、総重量は50グラム。もっとも大きい塊は、7×5×1センチ(40グラム)の大きさだったといいます。駐車場の利用者や通行人などにケガはなかったとのことです。

日吉や綱島では新幹線の高架下をさまざまな形で活用している場所も多い

日吉や綱島では新幹線の高架下をさまざまな形で活用している場所も多い

同社では高架橋のコンクリートが劣化により剥れ落ちたものと推定。「構造物の強度には問題はなく、列車運行にも影響はない」としています。

港北区内では新横浜駅の周辺から綱島や日吉にかけて、新幹線の高架下を駐車場や倉庫などとして活用している場所が目立ちます。高架橋に沿って生活道路が近接しているエリアも多いため、コンクリートの劣化状況は気になるところです。

※見出し左の写真は新幹線のイメージ(新横浜駅)

(※)この記事は「しんよこ新聞」の2016年8月17日公開記事を横浜日吉新聞向けに一部改編しました

【参考リンク】
東海道新幹線品川駅~新横浜駅間の高架橋からのコンクリート片落下についてPDF、2016年8月15日、JR東海)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧