綱島の黒湯を豊富に利用、4/21(木)オープン「湯けむりの庄」は非日常の演出目指す

横浜日吉新聞
いよいよ日吉・綱島からも比較的近い樽町に、綱島源泉「湯けむりの庄」がオープン。駐車場は広々213台と多くの来客を想定している。綱島駅からは徒歩18分、バスは樽野谷バス停からすぐの場所にある

いよいよ日吉・綱島からも比較的近い樽町に、綱島源泉「湯けむりの庄」がオープン。駐車場は広々213台と多くの来客を想定している。綱島駅からは徒歩18分、バスは樽野谷バス停からすぐの場所にある

いよいよ日吉・綱島からより通いやすい温泉フィットネス施設が開業――2016年4月21日(木)朝9時に、日帰り温泉施設「綱島源泉湯けむりの庄」がオープンします。

この「湯けむりの庄」は、セントラル都市開発株式会社(東京都品川区)が運営する高級感をうたった日帰り温泉施設で、2015年5月に綱島温泉「東京園」が無期限休業に入ったこともあり、綱島エリアの本格的な温泉施設が復活するということで、大きな関心が集まっています。

今回の温泉施設の仕掛け人は、同社経営で、2007年オープンの「宮前平源泉 湯けむりの庄」(川崎市宮前区)の運営も手掛けたという店長の斉藤圭太さん

綱島源泉「湯けむりの庄」の受付。オープニング・スタッフの皆さんが笑顔で対応(4月19日の内覧会時に撮影)

綱島源泉「湯けむりの庄」の受付。オープニング・スタッフの皆さんが笑顔で対応(4月19日の内覧会時に撮影)

宮前平では、その人気ゆえか、お客様を待たせることが多くなってしまっているとのことで、そのマイナス点を払拭するために、今回の施設では、駐車場は213台、食事処は204席、休憩室のリクライニング席も107席と、大幅に多く設定したとのこと。宮前平でできなかったことにここではトライしたいと、宮前平よりも広い敷地を探し、この新しく、また歴史ある「源泉ゆかりの地」を見つけたといいます。

温泉ソムリエとして温泉にも詳しい斉藤さんは、「今回の温泉掘削で、150メートルも掘ったら、豊富な源泉が出たんです。まさかこんなに浅いところで出てくるとは思いませんでした。湯量も豊富で、毎分240リットルもあるんです」と、温泉地・綱島らしさを強く感じたとのこと。

源泉かけ流しの露天風呂。毎分240リットルもあるという豊富な湧出量を活かし、屋内外の風呂に温泉を利用している。

源泉かけ流しの露天風呂。毎分240リットルもあるという豊富な湧出量を活かし、屋内外の風呂に温泉を利用している。

そんな日帰り温泉施設の最大の魅力は、皮膚をなめらかにするといわれる炭酸水素塩を含んだ黒褐色の湯「ナトリウム・炭酸水素塩冷鉱泉」で、この“黒湯”といわれるお湯のかけ流しも楽しめる露天風呂や、室内でじんわりと温まる源泉の湯でたっぷりと使用されています。別名「冷えの湯」「美人の湯」とも呼ばれている、この港北・綱島の地にぴったりな「源泉の湯」は、間違いなく、地域の話題、そして「つるつる、すべすべになる」と、その濃厚な泉質に注目が集まっています。

サイエンス・プロデューサーとして知られる米村でんじろうさん(リンクはプロダクションサイト)が監修した演出が加えられたロウリュイベントは、この岩盤浴(別料金)の「風」の部屋で行われる(※2016年4月21日現在、時間は12時、16時、20時からの計3回開催を予定)

サイエンス・プロデューサーとして知られる米村でんじろうさんリンクはプロダクションサイト)が監修した演出が加えられたロウリュイベントは、この岩盤浴(別料金)の「風」の部屋で行われる(※2016年4月21日現在、時間は12時、16時、20時からの計3回開催を予定)

また、男女それぞれの風呂に併設された2箇所のサウナ(フィンランドサウナ・スチーム塩サウナ)で、サウナの本場・フィンランドで行われているという蒸気浴「ロウリュ」を実施(1日3~4回※時間は施設にご確認ください)。ストーブで熱したサウナの石にアロマ水を掛けることにより発生する熱波(ロウリュ)を浴びるというこの迫力ある「仕掛け」が、宮前平でも大変好評を得ているといいます。

このロウリュは、岩盤浴(別料金)の「風」の部屋でもイベントとして実施され、サイエンス・プロデューサーとして知られる米村でんじろうさんの監修という、「日本初の視覚」で楽しめるという演出を取り入れているといいます。

日本で初めて天然温泉に炭酸ガスを溶かし込んだという「炭酸琥珀(こはく)湯」に浸かると、短時間で血行が良くなるという

日本で初めて天然温泉に炭酸ガスを溶かし込んだという「炭酸琥珀(こはく)湯」に浸かると、短時間で血行が良くなるという

ほかにも、日帰り温泉には、やはり宮前平で生まれた「炭酸琥珀(こはく)湯」があり、日本で初めて天然温泉に炭酸ガスを溶かし込んだというお湯で、短時間で血行が良くなり、高血圧や高脂血症等の生活習慣病の予防にも役立つとの事。

「この施設では健康に対する意識をより高くしていけたら、という思いがある」とのことで、フィットネスやアロマトリートメント、手もみ処、アカスリ・エステ、豆冨料理を中心メニューにしているという食事処ど、健康に配慮した施設・サービスで、「日常を離れた空間」を演出しています。(いずれも入浴とは別料金)

唐紙アートで知られるトトアキヒコさんの作品など、異空間を感じさせられる芸術作品も探すことができる。左は6種類の岩盤浴(別料金)の入口にある「潤」の部屋

唐紙アートで知られるトトアキヒコさんの作品など、異空間を感じさせられる芸術作品も探すことができる。左は6種類の岩盤浴(別料金)の入口にある「潤」の部屋

館内外にはアート(芸術)作品の数々も配置しているといい、「ぜひ、様々な作品があるので、探してみてください。大浴場には松オブジェや、食堂と岩盤浴の間の壁面には、唐紙アートで知られるトトアキヒコさんの作品を展示しています」と斉藤さん。

季節のイベントや催しも順次開催していく予定とのこと。「ぜひ、地域に根差して営業していきたいと思っています。皆さんお誘い合わせの上、ご来館ください」と、斉藤さんは、多くの来館利用を呼び掛けています。

場所は株式会社ヨロズ本社に隣接。すぐ近くにビッグヨーサン綱島樽町店やイオン駒岡店もあり、買い物にも便利な場所にある

場所は株式会社ヨロズ本社に隣接。すぐ近くにビッグヨーサン綱島樽町店やイオン駒岡店もあり、買い物にも便利な場所にある

「綱島源泉湯けむりの庄」は、4月21日(木)朝9時にオープン。入浴は9時から24時まで、年中無休平日大人:1200円、小人:900円。土日祝は各200円増(価格は税抜)。レンタルフェイス・バスタオル、館内着付。小学生以上入館可、中学生以上は大人料金。

※小学生未満の乳幼児や、過度の飲酒をされている方などは入場不可。その他入場不可項目や、入浴以外の料金、利用案内詳細については、下記の参考リンクをご参照ください。

【関連記事】

「綱島源泉湯けむりの庄」は4/21(木)オープン、入館料は平日1200円に(2016年4月2日)

綱島樽町にフィットネス付き日帰り天然温泉、来年4月のオープン前に会員募集(2015年11月25日)

【参考リンク】

綱島源泉「湯けむりの庄」ホームページ(トップページにアクセスマップ有)

綱島源泉「湯けむりの庄」Facebookページ

綱島源泉「湯けむりの庄」Twitter

4/21 横浜・綱島温泉がオープン!その全貌を最速レポート!(Yutty!~日本全国の温泉情報Webメディア)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧