<綱島SST裏の旧農地>7階建て66戸のマンション計画、明和地所「クリオ」か

横浜日吉新聞
すでに建設計画の看板(標識)が設置されている、後方のマンションは2015年夏に竣工した「クオス綱島ザ・レジデンス」

すでに建設計画の看板(標識)が設置されている、後方のマンションは2015年夏に竣工した「クオス綱島ザ・レジデンス」

綱島東4丁目のパナソニック工場跡地「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST)の裏手にある旧農地で、7階建て66戸のマンションを建設する計画が進められていることがわかりました。事業者が現場に建設計画の看板(標識)を今月(2016年8月)3日に設置したものです。

計画看板によると、開発事業者は「クリオ(CLIO)」ブランドのマンションを展開する明和地所で、同地の計画は「(仮称)クリオ綱島 新築工事」との名称になっています。

同土地の面積は約2375平方メートルで、すでに畑から宅地への地目・用途変更が行われた模様。計画では建物は地上7階建てで高さは19.97メートル。住戸数は66戸で、車の駐車台数は27台としています。来年2017年2月に着工し、完成は翌2018年3月末の予定です。

道路をはさんで右手がアピタ横浜綱島店の建設場所

道路をはさんで右手がアピタ横浜綱島店の建設場所

この「(仮称)クリオ綱島」が建てられる場所は、かつて「生産緑地地区」として畑などに使われていましたが、最近になって生産緑地地区と書かれた看板が撤去され、今後の行方に注目が集まっていました。

2017年9月に開業予定の「アピタ横浜綱島店(仮称)」の“真裏”にあたる場所のため、買物の利便性は非常に高くなりそうです。

【関連記事】

工事が進む「綱島SST」の“真裏”で気になる動き、2カ所の農地は住宅に変わるか?(2016年7月29日、この土地に関する動き)

“綱島SST”すぐ裏手の新築マンション「クオス綱島ザ・レジデンス」が第2期販売へ(2015年9月5日、“農地”であった頃の写真も)

綱島SSTの「新アピタ」外部テナントは50店規模か、フードコートや子供の遊び場も(2016年8月10日、店舗図面も掲載)

【参考リンク】

明和地所の新築マンション「クリオ(CLIO)」


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧