<変わる横浜駅>JR改札内も刷新、"エキナカ"に待ち合わせ広場やカフェ | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

横浜駅がさらに変わり、東急東横線からJR線へ乗り換える際の環境が少し良くなりそうです。今年(2020年)6月、JR東日本が主導する大型駅ビルが西口に開業したのに続き、今月8月10日(月・祝)にはJRの改札内に待ち合わせ広場5つの飲食店による「エキュートエディション横浜」がオープン。2つのJR改札口内が通路で結ばることで、“エキナカ”の移動や飲食環境が向上します。

待ち合わせ広場や5つの飲食店による「エキュートエディション横浜」の位置図。なお、東横線への出入口は「西口」側にある(JR横浜支社のニュースリリースより)

JR各線や東急東横線・みなとみらい線、京急、相鉄、市営地下鉄が乗り入れ、さらには大型のバスターミナルも東西の両側にあって、人が多いうえに、迷路のようで乗り換えが環境が良好とは言い難い横浜駅。

そんななか、東急東横線・みなとみらい線の駅に近い「西口」では、JRが26階建ての「JR横浜タワー」を6月に開業。

これにより、乗り換えと出口への導線が整えられるとともに、「CIAL(シァル)横浜」や「NEWoMan(ニュウマン)横浜」といった商業施設もオープンし、駅での買物環境が拡充されたばかり。

第二弾として、JRが取り組んでいるのが改札内の環境改善です。

どこも同じデザインで名前も似ているので分かりづらいが、JRの改札口は地下1階の中央通路に2カ所あり、写真の「中央南改札口」から、桜木町寄りのみなみ通路側にある「南改札口」まで改札内でつながる

現在は4つの改札口が地下1階にそれぞれ独立して置かれ(中央北改札口内の「シァル改札口」と「京急のりかえ口」を除く)、改札を入ると、いったんホームに上がったうえでしか各改札間を往来できない構造でしたが、これを改善。

桜木町寄りにある「中央南改札口」(中央通路の「びゅう」「みどりの窓口」側)と「南改札口」(「みなみ通路」側=中央郵便局や西口五番街側)をホーム下で貫通させ、コンコースを新設します。

改札内に設けられる待ち合わせ広場「サウスコート(SOUTH COURT)」の完成予想図(JR横浜支社のニュースリリースより)

生まれた空間には、待ち合わせに使える広場「サウスコート(SOUTH COURT)」をはじめ、カフェや寿司・日本酒バー、会員制シェアオフィスなど5店の“エキナカ店舗”をオープン予定。

また、同通路からは4つあるホームへ上がるためのエレベーターも新設。これにより、JR改札内では「北改札口」以外のどこから入っても、改札内からホームまでエレベーターでアクセスすることが可能となります。

ホームの桜木町・保土ヶ谷寄りにはエレベーターも新設され、地下改札内の「エキュートエディション横浜」へアクセスが可能

これまで、JR横浜駅の改札内外では、列車を待つためのスペースがほとんど無かったため、新たに設けられる“待ち合わせ広場”やカフェなどの店舗は、小さな子どもを連れての移動時などにも重宝しそうです。

なお、地下5階にある東横線・みなとみらい線のホームからは、元町・中華街駅寄りの「南改札口」(駅西口寄り)から地下1階の中央通路を通じ、JRの「中央南改札口」まで比較的短距離でのアクセスが可能です。

【関連記事】

横浜駅での乗り換え時に「買物環境」拡充、駅ビルは6/18(木)から開業(2020年6月10日、東横線に近い西口の環境が大きく改善された)

【参考リンク】

JR横浜駅中央南改札と南改札をつなぐ新たな改札内エリアが2020年8月10日(月・祝)に誕生しますPDF、JR東日本横浜支社)

JR「横浜駅」の案内ページ(JR東日本)

東急・みなとみらい線「横浜駅」の案内ページ(東急電鉄)


カテゴリ別記事一覧