綱島街道沿い「東急ストア綱島店」が2月末閉店、駅前で3月中旬に再出店 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

綱島街道沿いの綱島東2丁目15年以上にわたって営業してきた「東急ストア綱島店」が今月(2020年)2月29日(土)で閉店し、3月中旬に綱島駅前で新たに再オープンすることを公表しました。

2004年10月にオープンした「東急ストア綱島店」は綱島街道に面した綱島東2丁目にある

同店は、当時綱島駅ビル内で営業していた東急ストアの「綱島駅前店」(2016年1月閉店)の店舗スペースが限られていたことから、品揃えの拡充と役割の分担を図るためとして、2004(平成16)年10月に民間物件を借りる形で、駅前店と比べ約2倍規模の売場面積を持つ店として出店。

綱島駅東口から徒歩約5分という位置で、約1000平方メートルの売場に加え、上階にはテナントスペースや、30台超の駐車場も確保。駅前店と綱島店は同じ店長が兼任する形で運営していました。

駅から徒歩約5分の距離ながら屋上には30台超の駐車スペースを備える

駅前店が高架橋の耐震工事を機に閉店して以降は、綱島で一定規模の売場を持つ主要な食品スーパーとして、綱島東エリアの居住者や車での来店者を中心とした客層となっています。

その後、綱島駅では高架橋の耐震工事を終え、高架下を使って新たに建てられているテナントビルが3月にも完成することから、東急ストアでは利便性の高い駅前に店舗の集約を決定。現状の店舗と比べ、駅前店はコンパクトな規模のスーパーとなる見通しです。

閉店が公表された2月1日には驚いた様子で告知を眺める来店者が目立っていた

これにともない、東急ストア綱島店の2階でテナントとして営業中の「DAISO(ダイソー)東急ストア綱島店」についても2月29日で同時に閉店する予定としています。なお、両店閉店後の民間ビル内には、新たなテナントが入る可能性があります。

今月2月1日に東急ストア綱島店の店頭などに今月末での閉店を告知する紙が貼り出されると、驚いた様子で眺める買物客が目立っていました。

)2月21日追記:駅の商業施設「エトモ綱島」の核テナントとして3月13日(金)にオープンすることになりました

【関連記事】

綱島駅の西口は「スタバ」とシュークリーム店、高架下部分は東急ストア(2020年2月22日、駅の商業施設「エトモ綱島」は3月16日オープン)

綱島駅にスーパーやカフェを誘致、来春完成の「駅テナントビル」内へ(2019年7月2日)

半世紀超の歴史を閉じた綱島駅ビル、東急ストア店長「また戻ってきたい」(2016年1月8日、閉店から4年超を経て駅前へ戻ることに)

【参考リンク】

東急ストア綱島店(綱島東2=綱島街道沿い)

DAISO(ダイソー)東急ストア綱島店


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧