2020年「中学受験日」は今週2/1(土)、慶應普通部と日大中学校で入試 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

2020年の私立中学校受験が日吉でも始まります。今週2月1日(土)は、慶應普通部(日吉本町1)と日本大学中学校(箕輪町2)で、それぞれ入学試験が予定されています。

入試日の朝、慶應普通部前には多くの学習塾関係者が受験生の激励に訪れる(過去の入試日)

日吉駅前「普通部通り」の先にある慶應普通部(男子校、定員約180人)では、朝7時過ぎから首都圏各地から小学6年生男子と保護者に加え、学習塾などの関係者も集合して校門付近や普通部通りが賑わうなか、児童は4科目の試験に挑みます。

箕輪町2丁目の日大中学校では、2月1日(土)は午前中が4科目の「A-1日程」(定員70人)、午後は14時45分から2科目で行う「A-2日程」と「適正検査型」(定員計65人)の試験をそれぞれ実施。

日大中学校でも多数の学習塾関係者が校門付近で待機し、教え子の到着を待つ(過去の入試日)

同校では、翌2月2日(日)午後に2科目の「B日程」(定員45人)、さらに5日(水)午前には4科目の「C日程」(定員20人)の試験も実施予定となっています。

今週の土曜日は、日吉駅の商店街側(西口)では慶應普通部、綱島街道側(東口)は日大中学校の受験生や保護者を多く見かけることになりそうです。

【参考リンク】

慶應普通部の入試情報ページ

日本大学中学校の入試情報ページ


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧