<ラグビー発祥の碑がある日吉>来年9月からの「W杯」盛り上げへ商店街もPR活動

横浜日吉新聞

中央通りの街灯64本に「4年に一度じゃない、一生に一度だ」などのキャッチコピーが躍る(写真は日吉商店街協同組合提供)

日吉駅前商店街でもラグビーW杯を盛り上げます。来年(2019年)9月20日から11月2日まで港北区内の日産スタジアム(横浜国際総合競技場)などで開かれる「ラグビーワールドカップ(W杯)」に向け、日吉駅前の中央通りに吊り下げバナーを掲出し、開催をアピールしています。

日吉商店街協同組合では今月(2018年8月)9日、ラグビーW杯のキャッチコピーである「4年に一度じゃない、一生に一度だ」やテーマ曲の「ワールド イン ユニオン」などと書かれたバナーと呼ばれる吊り下げ式の“旗”を中央通りの街灯64本に設置しました。

横浜市も独自にラグビーワールドカップ(W杯)の情報サイトを開設している

ラグビーW杯のバナーを掲出している商店街は区内でも多くはなく、同協同組合では「(下田町の慶應義塾大学グランド内に)『日本ラグビー蹴球発祥記念碑』がある街として、ラグビーW杯を盛り上げたい」といい、開催まで1年超となるなか、日吉でもW杯の認知度を上げていきたい考えです。

なお、ラグビーW杯は決勝戦や準決勝を含め日産スタジアムでは7試合が予定されており、チケット先行抽選販売の期間中には250万以上の応募があったといい、来月(9月)19日からは一般抽選販売が行われる予定です。

【2018年9月6日追記】

「日本ラグビー発祥の地、横浜から世界へ」日本ラグビー蹴球発祥記念碑の地~慶應義塾大学下田グランドの横断幕が日吉駅前・中央通りのアーチに新たに設置されました(日吉商店街協同組合提供)

「日本ラグビー発祥の地、横浜から世界へ」日本ラグビー蹴球発祥記念碑の地~慶應義塾大学下田グランドの横断幕が日吉駅前・中央通りのアーチに新たに設置されました(日吉商店街協同組合提供)

【関連記事】

2019年「ラグビーW杯」は日産で7試合、来年3月からチケット市民先行抽選も(2017年11月4日)

慶應の甲子園出場で日吉駅前商店街も盛り上がる、巨大な「必勝丼」メニューも登場(2018年8月3日、慶應の甲子園出場時は横断幕を掲出)

思わず上りたくなる? 東急日吉駅に「健康階段」と「ラグビー階段」を設置(2017年10月31日)

【参考リンク】

ラグビーワールドカップ2019日本大会公式サイト(チケット情報も)

日本ラグビー蹴球発祥記念碑について(慶應義塾、ページ真ん中に解説)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧