歯科医師会が主催、トレッサで6/3(日)午後に「歯の健康」を楽しく学ぶ催し

横浜日吉新聞

今年も「歯」に関する年に一度のイベントが来月(2018年6月)3日(日)に「トレッサ横浜」(師岡町)で開かれます。

6月3日(日)の12時30分から16時まで行われる「歯と口の健康週間行事」のポスター(主催者提供)

1958(昭和33)年から日本歯科医師会が全国で展開する「歯と口の健康週間」(6月4日~10日)の一環として、港北歯科医師会(保刈徳久会長)と港北福祉保健センターが主催して行うもので、「小児期から始めるお口のケア・予防と健康管理」と題し、歯について子どもから大人まで学べる内容となっています。

当日は南館1階のイベント広場を会場に、ステージイベントのほか、歯科グッズがもらえるスタンプラリー歯科体験ブースなどに加え、むし歯・歯周病・歯科矯正といった歯科に関する無料相談会も予定されています。

また、港北区医師会や港北区薬剤師会、港北区歯科技工士会の協力により、子ども薬剤師体験や血管年齢測定、健骨度チェックといったブースも設けられる予定です。

開催時間は12時30分から16時まで、入場は無料です。

(※)見出し左の画像はステージの様子(主催者提供)

【参考リンク】

6月3日(日)12:30~16:00「歯と口の健康週間行事」(トレッサ横浜)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧