高田小入口バス停近くの交差点、一戸建て6戸と「セブンイレブン」が開発計画

横浜日吉新聞

「高田小学校入口」バス停近くの交差点で高田東の不動産事業者による6戸の一戸建てセブン・イレブン・ジャパンによる開発計画が告知されています。一戸建てが建てられる高田西3丁目のエリアは先月(2018年3月)15日に、市街化を抑制すべき「市街化調整区域」から開発を促進する「市街化区域」に編入されたばかりでした。

下田町側から見た交差点、左のコイン駐車場(高田東3丁目側)にセブン・イレブンが、右の更地(高田西3丁目側)には地元事業者が6戸を開発する計画

この場所は、下田町側から来ると、高田駅方面(直進)と、高田第四公園や高田東小学校方面(左折)、高田町(右折)へ向かう道路が分岐する十字路。高田町や高田西3丁目、高田東3丁目に接し、下田町5丁目も至近で、4つの町が近接する位置となっています。日吉駅と高田町を結ぶ路線のバス停「南原」も近くにあります。

住宅が建てられる約499平方メートルの敷地には、最近まで大型の一戸建て住宅が建っていましたが、現在は更地化。現地には高田東の不動産事業者による「新築分譲6棟現場予定地」と書かれた看板も掲出されており、計画では60平方メートルから86平方メートルの3階建て住宅を建設する計画としています。

高田駅側から見た計画地、左側は6戸、右側はセブン・イレブンが開発計画を掲げている

一方、同地と道路を挟んで向かいにあたる高田東3丁目側の駐車場(約765平方メートル、現「タイムズ横浜高田東3丁目」)では、セブン・イレブン・ジャパンが開発事業者となり「店舗」を設ける計画としており、敷地の半分以上は駐車場となる見通しです。

住宅が建つ高田西3丁目側は、限りなく高田町に近いエリアで、古くからの大型邸宅や農地が目立ちますが、今回一部が市街化区域に編入されたように、今後は宅地が促される可能性もありそうです。

一方、向かいの高田東3丁目側は、一戸建てだけでなく、アパートやマンションも目立つエリア。比較的近くにスーパー「三徳」はあるものの、急な坂の上り下りが必要で、“坂の上”の周辺にはコンビニが見当たらないため、セブン・イレブンが一定の需要があると判断したとみられます。

【関連記事】

高田小入口バス停付近の高田西3丁目、土地利用に制限設ける「市街化区域」に(2017年10月23日)

高田駅前に200mだけの立派な道路、実は新横浜と都内をつなぐ壮大計画の第一歩(2016年7月15日、付近は都市計画道路「宮内新横浜線」を貫通させる計画はあるが、工事は行われていない)

【参考リンク】

一戸建て6戸とセブンイレブンによる「開発計画」が掲げられている高田小学校入口バス停近くの交差点(グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)