工場撤退や解体、更地化など「綱島SST」付近の綱島東と箕輪町で起きている4つの動き

横浜日吉新聞

今年(2018年)3月に完成した「綱島SST(Tsunashimaサスティナブルスマートタウン)」に近い箕輪町2丁目や綱島東4丁目では、現在も住宅建築や解体、事業所の撤退などの動きが複数確認され、特にバス通り(旧「日吉元石川線」)沿いでは、工場や事業所が撤退するケースが目立ちます。

箕輪町2丁目の新幹線高架寄りに移転した三栄工業だったが、現地はすでに宅地となっている。右後方に見えるのは新幹線の高架(2018年7月16日撮影)[場所はこちら=グーグルマップ]

綱島SST至近の箕輪町2丁目にあった三栄工業株式会社は、昨年(2017年)6月に野村不動産のマンション「プラウド日吉クロス」の建設用地となり、新幹線高架寄りの同町内に移転していました。しかし、移転後の今年春ごろに会社を閉鎖したとみられ、現在は武蔵小杉の不動産事業者によって10戸の一戸建て住宅の建築が計画され、すでに3戸が完成しています。

バス通り沿いの箕輪町2丁目にあった工場・事業所は近年、住宅需要の高まりから多くが宅地化されており、同地もそのような形となりました。

綱島東4丁目の「LIXIL(リクシル)リフォームショップ三ッ輪産業」では解体が行われ、同一敷地のLPガス貯蔵庫も廃される模様(2018年7月16日撮影)

解体される建物と隣接する駐車場を合わせれば相当な広さの敷地 [場所はこちら=グーグルマップ](2018年7月16日撮影)

一方、綱島東4丁目側では綱島SSTから3ブロック離れた位置で、「LIXIL(リクシル)リフォームショップ三ッ輪産業」の建物が解体中で、同店は移転したとみられます。

同地にはリクシルリフォームショップに加え、「池本ガス」と書かれたLPガスの貯蔵庫や駐車場もあり、貯蔵庫は解体されている最中。駐車場を合わせると相当な広さの土地となるため、今後どのように活用されるのかに注目が集まりそうです。

マンション「プラウド綱島SST」(写真奥)の裏手にあるコインパーキングでは土を掘り返す動きも [場所はこちら=グーグルマップ](2018年7月22日撮影)

このほか、バス通り以外ではマンション「プラウド綱島SST」の裏手にある旧農地を使ったコインパーキング「あっ!とパーキング綱島東4丁目」の一画で、土を掘り返す動きが見られます。SSTの近さでは“一等地”という場所ですが、どのような目的なのでしょうか。

綱島SSTの2ブロック裏手にある古いアパート2棟も解体され更地化している [場所はこちら=グーグルマップ](2018年7月22日撮影)

また、綱島SSTから2ブロック離れた住宅街にあった2棟の古いアパートが解体され、7月22日現在は更地化されています。ここは、定員60人の認可保育所が来年(2019年)4月までに建築されるとみられますが、保育所単独かアパートなどと併設する形となるのか気になるところです。

綱島SSTの裏手にあたる綱島東4丁目には、現在も駐車場や古いアパートが残っているため、綱島SSTの完成にともなう住宅需要の高まりにともない、宅地化やマンション・一戸建て住宅化される可能性もありそうです。

(※)この記事は読者からの情報提供もあり、記事化しました。ありがとうございます。

【関連記事】

綱島SSTアピタ至近・箕輪町2の工場跡、野村不動産が2019年夏までに7階建て58戸(2017年9月8日、三栄工業の跡地、その後に同町内に移転)

<綱島東4>アップル研究所裏手の旧農地、加瀬倉庫のコイン駐車場を開設(2017年6月8日、敷地内の土を掘り返す動き)

<綱島SST>アップル研究所裏手で空地だった旧農地、加瀬のレンタル倉庫に(2017年1月19日、コインパーキングのSST側)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧