新川崎駅と鹿島田駅が直結、両駅つなぐ歩行者用通路は11/15(火)に全通

横浜日吉新聞
p161111p002

新川崎と鹿島田駅間は新川崎スクエアを通じて直結する(三井不動産によるニュースリリースの地図を部分転載)

JR横須賀線の「新川崎駅」と南武線の「鹿島田駅」を結ぶ歩行者用通路がまもなく完成します。川崎市は鹿島田駅の西部地区で行っていた市街地再開発事業に関連し、整備を進めてきた「ペデストリアンデッキ」と「通路」がすべて完成し、来週(2016年11月)15日(火)の13時から両駅間がつながると発表しました。

スーパーなどが揃う「新川崎スクエア」

スーパーなどが揃う「新川崎スクエア」

この通路は、新川崎駅と鹿島田駅の中間地点に設けられた商業施設「新川崎スクエア」(2015年2月完成)と、まもなく完成する47階建てのタワーマンション「パークタワー新川崎」(三井不動産)の敷地を経由して両駅間を結ぶもの。これまで、マンションが工事中だったため、途中で通路が途切れる形となっていました。

屋根の付いた歩行者専用の通路を使うことで、一般道のように信号や天候に左右されることが少なくなるため、両駅間の往来は便利になりそうです。なお、2駅間の距離はおおむね500メートル、徒歩で5~6分です。

【関連記事】

新川崎駅前の47階建て超高層タワーマンション、3/4(金)からモデルルーム開設(2016年3月4日)

タワマンから研究施設まで多彩、巨大再開発の大先輩「新川崎」に日吉が学ぶこと(2016年2月24日)

【参考リンク】

鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発事業の完了に伴い鹿島田駅と新川崎駅をつなぐ歩行者通路が開通します!(川崎市)

マンション「パークタワー新川崎」による両駅連絡のイラスト図(三井不動産)

「新川崎スクエア」2015年3月26日(木)オープン(三井不動産)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧