新川崎駅前の47階建て超高層タワーマンション、3/4(金)からモデルルーム開設

横浜日吉新聞
p160304p00003

3月3日に日吉地区の新聞各紙に折り込まれた「パークタワー新川崎」のチラシ

JR横須賀線・新川崎駅の東側、南武線・鹿島田駅にも近い位置に三井不動産が建設中の47階建てのタワーマンション「パークタワー新川崎」(川崎市幸区鹿島田1)では、きょう2016年3月4日(金)からモデルルーム(鹿島田駅近く)をオープンします。

パークタワー新川崎は、新川崎駅から徒歩3分、鹿島田駅から同4分という2線2駅を使える利便性を持つ超高層マンションで、今年(2016年)10月に完成を予定し、入居は2017年1月ごろを予定します。

地上47階・地下2階のマンションには670の部屋と229台分の駐車場が設置されます。また新川崎駅とマンションの間には、スーパーなどが入った商業施設「新川崎スクエア」が既に設けられています。

なお、モデルルームは予約制となっており、既に3月4日(金)などの回が埋まっている状態です。

【関連記事】

タワマンから研究施設まで多彩、巨大再開発の大先輩「新川崎」に日吉が学ぶこと(2016年2月24日)

【関連リンク】

パークタワー新川崎(三井不動産)

「新川崎スクエア」2015年3月26日(木)オープン(三井不動産)

マルエツ新川崎店(新川崎スクエア内)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧