綱島駅西口を駐車違反取締の「最重点地域」に新指定、日吉駅周辺も重点地域を継続

横浜日吉新聞
重点区域では駐車監視員による取り締まりを強化する(神奈川県警ホームページより)

重点区域では駐車監視員による取り締まりを強化する(神奈川県警ホームページより)

神奈川県警では、来月(2016年8月)から駐車違反取り締まりの「最重点地域」に綱島西1丁目から3丁目を新たに指定します。これまで港北区内では、主に新横浜駅の周辺地域が最重点地区となっていましたが、ここに綱島駅西側のエリアを追加。駐車監視員による巡回取り締まりが5時から22時にかけて重点的に行われることになります。

一方、日吉駅に近い日吉本町1丁目や日吉2丁目のエリアはすでに「重点地域」となっており、引き続き駐車監視員が巡回して取り締まりが実施されます。

「新・駐車違反取締最重点地域マップ」(神奈川県警)より、綱島西口周辺の最重点地域のエリア図

「新・駐車違反取締最重点地域マップ」(神奈川県警)より、綱島西口周辺の最重点地域のエリア図

この最重点地域や重点地域は、港北警察署長が住民らの要望や苦情、交通事故の発生状況、日常の駐車の実態などを勘案して指定したものだといいます。また、祭礼やイベントなどが行われる場合は、このエリア以外でも取り締まりを行うとのことです。

日吉も綱島も駅周辺は道路の幅が狭く、路上駐車は事故や渋滞につながりかねません。重点地域内の駐車禁止場所では、駐車監視員が頻繁に巡回することになるため、駐車違反で摘発される確率は格段に上がります。乗用車はもちろん、バイクも対象となりますのでご注意ください。

【関連記事】

「日吉元石川線」の日吉本町地区で速度の重点取締まり、綱島街道では白バイも(2016年4月10日)

【参考リンク】

港北警察署管内における「新・駐車違反取締最重点地域マップ」(神奈川県警)


カテゴリ別記事一覧