慶應女子サッカー悲願のインカレへ、11/1(日)最終戦の下田で決める!

横浜日吉新聞
2015年10月25日に下田グラウンドで行われた筑波大学戦に勝利した慶應(黄色のユニフォーム)

今週10月25日(日)に下田グラウンドで行われた筑波大学戦に勝利した慶應(黄色のユニフォーム)

慶應義塾大学のサッカー(ソッカー)部女子は、2015年8月29日から行われている関東大学女子サッカーの1部リーグで、最終戦となる試合をホームグラウンドの下田で11月1日(日)13時から行います

関東の主要大学10チームが参加する1部リーグに所属する慶應は、先週の段階で1勝4敗2分けで「勝ち点5の8位」と苦しい戦いでしたが、今週10月25日(日)に下田グラウンドで行われた筑波大学戦に2対1で勝利し、現段階では「勝ち点8の6位」に浮上しています。

1月から行われる予定の大学女子サッカー界における最高峰の大会「インカレ」(全日本大学女子サッカー選手権大会)に出場するためには、この1部リーグで「7位以内」に入ることが必須条件となります。

下田グラウンドには160人が詰めかけ、慶應女子サッカーの勝利を後押しした

10月25日の下田グラウンドでの試合には約160人が詰めかけ、慶應女子サッカーの勝利を後押しした

同部はインカレ出場を最大の目標に掲げており、7位以上に入るためには、最終戦となる11月1日の順天堂大学戦が鍵を握ります。対戦相手の順大は慶應と同じく「勝ち点8」ですが、得失点差が慶應よりも2つ多い「-4」のため7位に付けているからです。また、現在8位につける関東学園大学が「勝ち点6の8位」で得失点差が「-5」のため、次の試合結果次第では7位以上となる可能性もあります。

慶應が順天堂大戦に勝てば晴れて「6位」が確定しますが、負けた場合はインカレ出場が非常に厳しくなるばかりか、得失点差や8位関東学園の結果次第では、慶應が8位に転落する可能性もあり、その場合は2部リーグとの入れ替え戦が待っています。

先週日曜日の試合では、下田グラウンドに約160人の観客や応援団・チアリーディングのメンバーが詰めかけ、ホームらしい大声援で慶應女子イレブンを後押し。貴重な勝利となりました。次は地元の下田で悲願のインカレ出場を決められるのか。日曜日13時からの一戦は、同部にとって今リーグ最後で最大の山場となりそうです。

下田グラウンドは日吉駅から中央通りをひたすらまっすぐ歩き、慶應大の合宿所前で右折して徒歩10分程度、無料で観戦できます。

【関連記事】

慶應女子サッカーが10/25(日)・11/1(日)に下田で初のホーム連戦(2015年10月23日)

【参考リンク】

慶應義塾大学ソッカー部女子ホームページ

下田グラウンドへのアクセス情報

第29回「関東大学女子サッカーリーグ戦」の星取表(※下部、関東大学女子サッカー連盟)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧