慶應女子サッカー、最終戦に敗れるも創部以来の悲願「インカレ」へ出場

横浜日吉新聞
幾度も攻め入ったものの、ゴールを割ることはできず最終戦には敗れた

幾度も相手ゴール前まで攻め入ったものの、最後まで割ることはできず、最終戦に敗れた黄色のユニフォーム慶應(11月1日、下田グラウンド)


大学女子サッカー界における最高峰の大会「インカレ」(全日本大学女子サッカー選手権大会)を目指していた慶應義塾大学のサッカー(ソッカー)部女子は、2015年11月1日(日)に最終戦となる順天堂大学戦を下田グラウンドで行い、試合に敗れはしたものの、8位につける関東学園大学が敗戦となったため、慶應が7位でインカレへの出場を決めました

インカレ出場は関東大学女子サッカーの1部リーグで7位以内に入ることが条件となっており、最終戦に勝利して決めたいところでしたが、試合終了間際の後半44分に相手にゴールを決められ、そのまま敗れました。

試合終了後に8位チームの敗戦の報が届き、一転インカレ出場を喜ぶイレブン

試合終了後に8位チーム敗戦の報が届き、インカレ出場を喜ぶ選手ら

敗戦にがっくり肩を落とす慶應イレブンでしたが、その後に8位の関東学園大が敗れたとの情報が入り、一転喜びに包まれました。インカレ出場は同部創設以来の悲願だっただけに、抱き合い涙ぐむ選手も多くみられました。

【関連記事】
慶應女子サッカー悲願のインカレへ、11/1(日)最終戦の下田で決める!(2015年10月30日)

【参考リンク】

慶應義塾大学ソッカー部女子ホームページ

第29回「関東大学女子サッカーリーグ戦」の星取表(※下部、関東大学女子サッカー連盟)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧