<東横線・グリーンライン>今年も大みそかから2018年元旦まで「終夜運転」

横浜日吉新聞

今月(2017年12月)31日(日)の大みそか深夜から元旦にかけて、東急東横線と横浜市営地下鉄グリーンラインで終夜運転が行われることが発表されました。

大みそかから元旦にかけて東横線は15~30分間隔で運転される

東横線は31日の終電後も15分から~30分間隔で運転。東京メトロ副都心線やみなとみらい線にも乗り入れます。なお、JR東日本の山手線や京浜東北・根岸線、横須賀線などの各線ほか、東京メトロは全線で終夜運転が行われる予定です。

グリーンラインは、終電後から始発までの間に昨年同様に上下6本の列車が運転される予定。たとえば高田駅の場合、0時17分発の日吉駅行終電(土休日ダイヤ)から5時24分発の始発電車までの間に、1時3分、1時56分、2時50分、3時39分、4時38分、5時6分にそれぞれ列車が設定されています。また、ブルーラインでも終夜運転が行われます。

なお、日吉駅と目黒駅を結ぶ目黒線での終夜運転は今年も実施されず、通常の「土休日ダイヤ」で運転されるとのことです。

【参考リンク】

年末年始の列車運転について(東急電鉄)

平成29年度 年末年始期間の市バス・地下鉄の運行について(横浜市交通局)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)