綱島SSTのアピタは「アピタテラス」、箕輪町の“サンテラス”を想起させる名に

横浜日吉新聞

「綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)」(綱島東4)内で建設が進むユニーによる大型スーパーの名は「アピタテラス」となることがほぼ確実な状況です。きのう(2017年8月)4日に建設中の建物上部に「APITA TERRACE(アピタテラス)」の表示があることを綱島街道側から確認できました。

建設中の建物上部に「APITA TERRACE(アピタテラス)」の表示が見えた(8月4日、読者撮影)

アピタテラスの名は、2015年11月に閉店した「アピタ日吉店」(箕輪町2)の改名前に親しまれた「サンテラス日吉」の語感を引き継いだものとみられます。ユニーでは、愛知県一宮市に「テラスウォーク一宮」という名のショッピングセンターも営業しており、「テラス」の付く名はモール型の店舗に活用しているようです。

開業予定日とされる来年(2018年)4月はまだ先ですが、かつて日吉や綱島で馴染んだ“サンテラス”を感じさせる名称は、地域に親しみを感じさせそうです。

(※)本記事は読者の方からの写真と情報提供がありました。ありがとうございます。

翌8月5日には足場も外され、建物の様子がよりはっきり見えるようになっていた

【関連記事】

<綱島SST>アピタで医療モールのテナント募集、仮称は「アピタテラス」に(2017年7月25日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)