マンション「プラウド綱島SST」、1階にグローバルキッズが“小規模保育所”

横浜日吉新聞

綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン=綱島東4)に建設中のマンション「プラウド綱島SST」の1階に開設される保育所は、グローバルキッズによる定員17名の小規模保育所(小規模保育事業)となることが横浜市から発表されました。

建設中の「プラウド綱島SST」(左側)、右に見えるのがスーパー「アピタテラス(仮称)」の建物裏側、その間に見えるのは米アップルの研究所「YTC」の裏手(7月12日撮影)

小規模保育所は、需要の多い0歳から2歳までの保育に特化した定員19人以下の“認可保育所”。ビル内や比較的小規模なスペースでも開設しやすいことから、日吉や綱島でも近年増設されつつあります。

2018年4月に開園する「グローバルキッズ綱島SST(仮称)」は、同じ町内の綱島東4丁目で「グローバルキッズ綱島園」をはじめ、日吉で2カ所、菊名で1カ所の認可保育所を運営するグローバルキッズ(東京都千代田区)が運営。定員は17名となる予定です。

【関連記事】

アップル裏手で建設中のエコマンションは「プラウド綱島SST」、入居は来年3月(2017年3月13日)

綱島SST裏手に新設予定の認可保育園「トイボックス」、10/22(土)と30(日)に説明会(2016年10月2日=至近距離に新設済み、現在の名称は「木下の保育園・綱島東」)

アピタ綱島店裏で建設の66戸「クリオ」、東京ガスと共同で“エコマンション”に(2017年1月21日)

【参考リンク】

平成29年度小規模保育事業(横浜市、2018年4月開園の小規模園など一覧)

プラウド綱島SSTの紹介(下部に小規模保育施設の紹介も)

グローバルキッズ綱島園(同じ町内の新幹線高架近くで運営中)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)