ヤマト再配達の荷物受け取りは日吉駅で、地下構内に「宅配ロッカー」新設

横浜日吉新聞

市営地下鉄グリーンラインの日吉駅にもヤマト運輸の荷物が受け取れる「宅配ロッカー」がきのう(2017年4月)27日に新設されました。市交通局が今年1月に高田駅など4駅に設置したところ、高田駅の利用者が突出して多かったといい、日吉駅でも活用が期待されます。

日吉駅2番出入口(西口商店街側)のエスカレーターやエレベーターに近い位置に設置された宅配ロッカー

日吉駅2番出入口(西口商店街側)のエスカレーターやエレベーターに近い位置に設置された宅配ロッカー

この宅配ロッカーは、仏ネオポストグループ傘下のPackcity Japan(パックシティジャパン)株式会社(東京都千代田区)が展開する「PUDO(プドー)ステーション」で、ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」(無料)への登録者を対象に、再配達先として指定が可能となっています。

日吉駅では、西口商店街側の2番出口のエスカレーターやエレベーターに近い改札外の自動販売機コーナーに置かれており、グリーンラインだけでなく、東急東横線・目黒線の地下改札口へのルートでもあるため、両鉄道の利用者が活用できそうです。

【関連記事】

ヤマトの荷物が受け取れる「宅配ロッカー」、高田駅のエレベーター前に新設(2017年1月28日)

高田駅の荷物受け取り「宅配ロッカー」人気、設置4駅で圧倒的トップ(2017年3月03日)

【参考リンク】

宅配ロッカーでの受け取り方法(ヤマト急便)

オープン型宅配ロッカーを増設しました(横浜市交通局、2017年4月27日公表、日吉など4駅)

PUDO(プドー)ステーションについて(パックシティジャパン)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)