恒例の「こども霞が関見学デー」、2022年は各省庁での現地企画も目立つ

横浜日吉新聞

今年は現地会場での“リアルイベント”が増えました。夏休みに国の各省庁が仕事内容などを公開する「こども霞が関見学デー」が来月(2022年)8月3日(水)・4日(木)に行われます。普段は近寄りがたい雰囲気もある中央省庁に子どもと訪れる好機です。

2022年は8月3日(水)・4日(木)に開かれる「こども霞が関見学デー」の案内チラシ(文部科学省の案内ページより)

「こども霞が関見学デー」は、1997(平成9)年から文部科学省の主導で行われてきた主に小・中学生向け幼児も一部参加可能)の省庁公開イベントで、各地の行政機関でも同様に関連公開イベントが開かれる期間となっています。

新型コロナウイルス禍による中止を経て2年ぶりに行われた前年は、オンラインイベントが中心となっていましたが、今年は現地会場でのイベントや展示も目立っています。

今年も事前申し込みが必要で、定員制や抽選となっていますが、文部科学省などの一部省庁では7月14日時点で申し込みや応募が可能となっているイベントもありますので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

▼ 7月14日時点で申し込み・応募が可能な省庁

【関連記事】

・【前回記事】裁判所や霞が関など、引率の大人も学べる?夏休みの子ども体験イベント(2019年7月11日)

【参考リンク】

2022年8月3日(水)・4日(木)開催「令和4年度 こども霞が関見学デー」の総合案内ページ(文部科学省)


カテゴリ別記事一覧