綱島西3の子母口綱島線沿いマンションは「クリオ横濱綱島グレイステラス」

横浜日吉新聞

子母口綱島線沿いの綱島西3丁目にあった「富士通綱島ハウス」跡で建設中のマンションは「クリオ横濱(よこはま)綱島グレイステラス」という名称で、今月(2022年)3月1日から公式サイトが公開されました。

株式会社明和地所(東京都渋谷区)は、「(仮称)クリオ綱島新築工事」として行っている46戸のマンション建設について、「クリオ横濱綱島グレイステラス」と名付け、今月下旬から販売を行うと告知しています。

3月に入り公開された「クリオ横濱綱島グレイステラス」の公式サイト

公式サイトでは「綱島“逸邸”」とのキャッチフレーズで、「くらしのすべてはここにある、綱島」「『新綱島』駅誕生。『綱島』駅西口エリアの駅近物件では8年ぶりの登場。」などとアピール。

物件概要によると、同マンションは地上7階建てで、間取りは「1LDK+S」から「3LDK」で住居専有面積54.06平方メートルから96.13平方メートル。46戸のうち3戸は事業協力者用とし、1戸は管理事務室で、販売予定住戸は42戸としています。販売価格は未定。

来年(2023年)5月下旬に竣工し、6月に入居開始予定とのことです。物件を紹介する「インフォメーションセンター綱島」を綱島西2丁目のパデュ広場に設置しています。

綱島ではタワーマンション「ドレッセタワー新綱島」(252戸)やコンパクトな「サクラコンフォルテ新綱島」(41戸)と駅の東口側でマンション販売が賑やかですが、西口でも駅近くに物件が登場することになりました。

【関連記事】

綱島西3の社員寮を解体、明和地所が「クリオ綱島新築工事」を計画(2022年2月15日、この場所で建設)

新綱島駅の「タワマン」に反響4500件以上、最高価格は1億8000万円超(2021年11月12日、東口ではタワーマンションを販売中)

<新綱島>タワマンだけじゃない、駅近の“コンパクトマンション”も建設中(2021年6月3日、東口では小型マンションも販売)

【参考リンク】

クリオ横濱綱島グレイステラスの公式サイト(明和地所)


カテゴリ別記事一覧