実は大人も楽しめる?トレッサに300種の「カプセルトイ」販売機を集めた店舗

横浜日吉新聞

今では子どもだけでなく、実は大人も楽しめるスポットといえるかもしれません。“ガチャガチャ”“ガチャポン”などと呼ばれる「カプセルトイ」の販売機を一同に揃えた専門店「ガシャポンのデパート」が今月(2021年)3月12日にトレッサ横浜にオープンしました。買物時のちょっとした楽しみとして、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

トレッサ横浜南棟の3階にある「namco(ナムコ)」内でオープンした「ガシャポンのデパート」

この「ガシャポンのデパート」は、硬貨を入れてレバーを回すカプセルに入った玩具が出てくるカプセルトイ販売機を一同に揃えた施設で、バンダイナムコアミューズメントが全国展開しています。

20店舗目となるトレッサ横浜店は、南棟3階にあるゲームセンター「namco(ナムコ)」の店内に開設され、旧子ども向け施設「あそびパーク」の跡地などを使った約75.5平方メートルのスペースに300面(台)の販売機を設置。

300面(台)のカプセルトイ販売機が置かれている

販売されているカプセルトイは、ドラえもんやポケットモンスター、アンパンマン、鬼滅の刃(きめつのやいば)、ミッフィー、ムーミンといった誰もが知る著名キャラクターの商品がある一方、バイクや戦車のミニチュア、食品類のミニチュアなども。

なかには、信号機や踏切の精巧なミニチュア、バスの停車ボタンを再現した機械など、使い道がよく分からないけど、なんとなく興味を持ってしまいそうな商品も扱っています。

店内には椅子やテーブルも置かれ、子ども向けの販売機は低い位置に設置されている

これらの価格はおおむね1つ200円から500円。なかには、1つ800円や1500円といった「プレミアムガシャポン」もあったり、スイカやパスモなどのICカードで購入できる販売機があったりと、商品も販売機も多彩です。

販売機の種類は300面(台)あり、ほぼ異なる商品となっているので、ユニークなカプセルトイとの“偶然の出会い”も楽しめそう。同店では、さらに販売機の種類を増やすことも検討しているとのことです。

何に使うのかは別にして、バス停車を知らせるボタンを模した機器は、「ガシャポンのデパート」(右)もヴィレッジヴァンガード(左)も取り扱っていた

なお、トレッサ横浜では、同じ南棟の3階にある書店・雑貨店の「ヴィレッジヴァンガード」にも40台超のカプセルトイ販売機が置かれており、こちらでは「ガシャポンのデパート」では扱っていないメーカーの商品も購入することが可能となっています。

【参考リンク】

ガシャポンのデパートトレッサ横浜店(南棟3階「namco」内)

「namco(ナムコ)トレッサ横浜店」の案内ページ(南棟3階)

「ヴィレッジヴァンガード トレッサ横浜」の案内ページ(南棟3階、カプセルトイの販売機を40台超設置)


カテゴリ別記事一覧