「相鉄・JR直通線」の開業でJR武蔵小杉の駅名標やアナウンスに変化

横浜日吉新聞

相鉄・JR直通線の開業にともなって変化したJR武蔵小杉駅の駅名標や案内板

きょう(2019年)12月2日(月)は、2日前の11月30日(土)に開業したばかりの「相鉄・JR直通線」が初めての平日を迎えます。JR武蔵小杉駅の横須賀線ホームでは、これまでと違った表示やアナウンスを見聞きすることになります。

武蔵小杉駅を経由して、神奈川県の相鉄・海老名駅から最長で埼玉県の埼京線・川越駅まで相互に乗り入れすることになった相鉄・JR直通線。

武蔵小杉駅に到着した“開業一番電車”には相鉄のキャラクター「そうにゃん」の人形も(11月30日6時20ごろ)

横須賀線のホームでは、武蔵小杉の駅名標に相鉄・JR直通線では次駅となる「羽沢横浜国大」の名が追加され、ホームの行先案内には横須賀線と湘南新宿ラインに加えて、「相鉄線直通 羽沢横浜国大・海老名方面」「埼京線直通 渋谷・新宿・武蔵浦和方面」の案内が新たに書き込まれました。

また、3番線の横浜方面行の案内放送では、横須賀線や湘南新宿ラインの列車の場合だと、「この列車は海老名方面へはまいりません」という聞き慣れない案内も始まっています。

JRと相鉄の運転士は羽沢横浜国大駅で交代している(11月30日)

開業初日には沿線住民や鉄道ファンの“試乗”で賑わった相鉄・JR直通線。相鉄の新型電車や埼京線の電車は、混み過ぎている朝の武蔵小杉駅の混雑を助長することになるのか、それとも、運転本数が多くない湘南新宿ラインを補助するような存在となるのでしょうか――。

今朝から相鉄・JR直通線の行方を確かめていくことになりそうです。

【関連記事】

<相鉄・JR直通線が開業>初日列車や羽沢横浜国大駅のイベントに殺到(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年12月2日、開業初日の様子)

<JR武蔵小杉>渋谷・新宿方面へ行きやすく、相鉄直通で列車が増える(2019年11月25日)

【参考リンク】

JR東日本「武蔵小杉駅」時刻表


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧