<新綱島駅>来年4月以降にエレベーター2台とエスカレーター12台発注へ

横浜日吉新聞

2023年3月までの開業に向け、新綱島駅(仮称)でも工事や設備の発注が予定されています。鉄道・運輸機構の東京支社は、相鉄・東急直通線(東急新横浜線)における今後の発注予定を今年(2019年)10月1日付けで公表しました。

新綱島駅の建設現場周辺では新横浜(仮称)へ向かう「新横浜トンネル」の工事も着々と進む

相鉄・東急直通線では、来年(2020年)1月から3月までの今年度第4四半期に線路(軌道)や電力設備などの発注予定が目立ち、「相鉄・東急直通線、新横浜・綱島間レール溶接」や「相鉄・東急直通線、4k3・8k9間電力設備(新綱島駅配電所電力設備一式/新綱島駅電灯電力設備一式/地下トンネル区間電力設備4.6km)」などの工事名が見られます。

来年度(2020年4月~)の第一四半期には、新綱島駅の空調設備をはじめ、エレベーター2台エスカレーター12台の発注も予定されています。なお、空調とエレベーターなどの昇降機の発注では工期を27カ月(2年3カ月)としていました。

日吉駅から目黒線を伸ばす形で新綱島駅に向かう線路の工事も進んでいる(9月27日)

新綱島駅は、綱島東1丁目の深さ約35メートルの地下に約240メートルの長さで建設中。

現時点では綱島東2丁目寄り鶴見川寄りにそれぞれ出入口を設け、その中間地点に駅のエレベーターを設置する計画です。

【関連記事】

<相鉄・東急直通線>新綱島駅の出入口やトンネル内線路など「設計」作業も盛んに(2018年11月19日)

【参考リンク】

令和元年度発注見通しの公表について(2019年10月1日、鉄道・運輸機構)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧