フィンランドの民族楽器も披露、日吉のルーテル教会が12/1(土)にクリスマスコンサート

横浜日吉新聞

日吉中央通りの先、下田町1丁目の「日本福音ルーテル日吉教会」で今週(2018年12月)1日(土)午後「クリスマスコンサート」が開かれます。今年はフィンランドの民族楽器「カンテレ」も披露される予定です。

12月1日(土)の13時30分から15時まで開かれる「クリスマスコンサート」のチラシ(日本福音ルーテル日吉教会のサイトより)

日本福音ルーテル日吉教会は、1962(昭和37)年から日吉で活動を続けており、80年以上前に作られたという神学校のチャペルを移築した礼拝堂を半世紀近くにわたって使っていましたが、耐震の問題で2016年夏に解体。

新たな建物が昨年(2017年)7月に完成しており、最大で120人が収容できるようになりました。「会場が広くなり、音響も良くなったので、地域の方に気軽にお越しいただければ」(多田哲牧師)と昨年冬からクリスマス時期にコンサートを企画したといいます。

今年はフィンランドの民族楽器「カンテレ」を同地で学んだ小澤実紀さんがカンテレと歌を担当し、フィンランドのシベリウス音楽院で学んだ宣教師のハンナ・ペンティネンさんがピアノを演奏。クリスマスの讃美歌などが披露されます。

開催時間は13時30分から15時まで、入場無料で誰でも参加できるとのことです。

【関連記事】

<下田町1>80年の歴史刻んだルーテル教会のチャペル、8/14(日)に最後の礼拝(2016年8月12日)

【参考リンク】

日本福音ルーテル日吉教会(12月1日のクリスマスコンサートの情報も)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧