<三菱ふそう>幸区側の本社も移転、中原区大倉町の「川崎工場第一敷地」に集約

横浜日吉新聞

本社機能も備える「プロダクト・センター」のイメージ図(ニュースリリースより)

三菱ふそうトラック・バス(川崎市幸区鹿島田、マーク・リストセーヤ社長/CEO)は、新川崎駅から元住吉駅にかけての2区3カ所に分散していた本社や生産設備などを、中原区大倉町にある「川崎工場第一敷地」に統合すると発表しました。2018年末までに本社機能を備えた5階建ての「プロダクト・センター」を建設する計画です。

現在同社は川崎工場第一敷地のほか、本社を新川崎駅に近接した幸区鹿島田の「新川崎三井ビルディング」に置き、元住吉駅側の中原区西加瀬には約10万平方メートルの「第二敷地」を設置。すでに第二敷地は大和ハウス工業に売却し、2019年3月に敷地を引き渡す方針を今年(2017年)2月に発表しています。

三菱ふそうの川崎工場「第一敷地(川崎製作所)」と「第二敷地」、「本社」の位置図(同社サイトより)

今後、川崎工場第一敷地に約118億円の投資を行い、本社や研究開発、設計機能を収容する5階建てのプロダクト・センターを新たに建設。工場内の既存設備についても大規模リニューアルを図っていくとのことです。

三菱ふそうトラック・バスは、2005年に独ダイムラーの子会社となり、翌2006年には本社を品川から新川崎の同ビルを賃借する形で移転。公式サイトによると、同社の在籍人数は2014年12月末現在で約1万1000人で、このうち「川崎製作所/技術センター」の社員数は3200人と公表しています。

【関連記事】

<三菱ふそう>元住吉側の巨大な工場敷地を大和ハウスに売却、2019年に引き渡し(2017年2月24日)

【参考リンク】

三菱ふそう、川崎工場に新たに118億円を投資(三菱ふそう、2017年11月15日)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧