高田のトーエルは女性活躍を推進、厚労省が最高ランクの“三ツ星企業”に認定

横浜日吉新聞
高田西1丁目にあるトーエル本社ビル

高田西1丁目に本社を置くトーエル(中田みち社長)が女性の活躍推進に関する取り組みが優れているとして、先月(2016年10月)厚生労働省から「えるぼし」に認定されていたことがわかりました。今年10月末までに全国で200社しか認定されておらず、神奈川県内では横浜銀行やファンケル、ココカラファイン(港北区新横浜)などに次いで8社目の認定企業となりました。

「えるぼし」は3段階に分かれている(厚労省のパンフレットより=PDF)

「えるぼし」は3段階に分かれている(厚労省のパンフレットより=PDF

えるぼしは、今年4月に女性活躍推進法が全面施行されたことにともなって始まった認定制度。男女別の採用における競争倍率が同程度であることや管理職に占める女性労働者の割合が産業ごとの平均値以上となっていることなど5項目の基準を求めており、満たした項目数に応じて「1~3」までの3段階に分けられています。

今回、トーエルが認定されたのは最高ランクの「3」で、採用や継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコースといった5つの基準すべてを満たしていることになります。同社では「これからもトーエルは女性の活躍できる職場づくりを推進して参ります」とコメントを発表しています。

トーエルは高田と新吉田エリアに多数の拠店を設けている(本社前の案内図)

トーエルは高田と新吉田エリアに多数の拠店を設けている(本社前の案内図)

同社は1963(昭和38)年に「東京エルピー瓦斯(ガス)」として創業して以来の「LPガス」事業をはじめ、「ハワイアンウォーター」や「アルピナウォーター」で知られる宅配飲料水事業を展開し、2016年3月期の売上は227億円。社員数は450名超で、東京証券取引所の第一部市場に上場しています。

高田西1丁目に本社を置くほか、新吉田町にも横浜営業所や工場など多くの拠点があります。また、2010年11月から高田西2丁目で「ローズ保育園」を運営しています。

【関連記事】

高田本社のトーエルが恒例の「感謝祭」、2016年は10/23(日)に新吉田町で(2016年10月17日)

【参考リンク】

厚生労働大臣より「えるぼし」を認定されました(トーエルのニュースリリース)

女性活躍推進法への取組状況(厚生労働省、「えるぼし」認定企業の一覧表あり)

トーエル代表取締役社長兼COO 中田みちさん(51歳)(シティリビングWeb、2016年5月25日掲載)

トーエル・中田みち 代表取締役社長【神奈川ビジネスUp To Date】(TVKによるインタビュー映像、2016年2月21日掲載)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧