綱島でまたも帰宅女性を狙う悪質な強制わいせつ、日吉2丁目では暴行事件も

横浜日吉新聞
横浜日吉新聞NEWS速報(事件、事故、火事など)

横浜日吉新聞NEWS速報(事件、事故、火事など)先月(2016年6月)下旬から深夜に綱島駅から帰宅する女性を狙った強制わいせつ事件などが連続していた綱島地区で、またしても同様の犯罪が起きてしまいました。

港北警察署によると、6月28日(火)の17時10分ごろ、綱島西(詳細住所は未発表)で女性が自宅マンションに帰宅し、エレベーターを降りたところ、通路に立っていた男から声を掛けられて、執拗に体を触られる被害に遭いました。女性が抵抗したところ、男はその場から逃走したといいます。

犯人は年齢が40歳から50歳くらいで、身長は160センチ程度、体格普通で、髪は黒色短髪、服装は水色長袖ワイシャツに黒色スラックス、黒色ビジネスバッグを所持した男でした。

一方、今月(7月)2日(土)の21時52分ごろには、日吉2丁目で会社員の女性が帰宅し、自宅に入り玄関ドアを閉めようとしたところ、突然ドアが開けられ、男が侵入。女性が振り向いたところ、男は女性の口を手でふさぎ、室内に向かって押しこんできたため、女性が大声を上げると、男は走って逃げたとのことです。

犯人は年齢30歳くらいで身長は170センチ程度、体格は普通で、髪は黒色で肩までの長さのパーマ頭、服装は黒色Tシャツ姿で、色不明のハーフパンツの男だったといいます。

比較的早い時間、自宅で発生したことは深刻

女性の一人歩きを狙う手口と対策(神奈川県警南警察署のページより)

女性の一人歩きを狙う犯行手口と防犯対策(神奈川県警南警察署のページより)

綱島地区では、6月23日(木=水曜日深夜)に綱島西4丁目で強制わいせつ事件が発生し、6月26日(日=土曜日未明)には綱島駅から徒歩で帰宅途中の女性が大曽根地区で痴漢の被害に遭っています。

この2件はいずれも深夜に起きた事件ですが、今回は17時と21時という比較的早い時間に起こっており、自宅で狙われている点が深刻です。

また、いずれの事件も犯人像に共通点が少なく、複数の犯人が周辺に潜んでいる可能性もあります。

昼夜問わず人通りの少ない道を使って自宅へ帰宅する際は、後方を確認するとともに、マンション内に潜んでいる怪しい男にも警戒が必要です。港北警察署では「万が一、不審者が襲ってきた場合には、大声を上げて周囲に助けを求めてください」と呼びかけています。

なお、港北区内では現在、小机駅(JR横浜線)の周辺で女性に対する痴漢や暴行事件などが相次いでいます。日吉や綱島とはかなり離れたエリアですが、同じ区内で何カ所も頻発すると警察の捜査に影響する可能性もあります。それだけに、日常から怪しい人物への自衛を行い、犯罪を予防していくことが必要となります。

【関連記事】

綱島駅から深夜帰宅する女性を狙う男に警戒、痴漢と強制わいせつ事件が連続(2016年6月29日)

【参考リンク】

港北警察署「身近な犯罪・不審者情報」(No.158とNo.156を参照)

犯人が語る!性犯罪の防犯対策!(静岡県警のページ、犯人側の視点から警戒を呼びかける内容)

女性が不安な夜道の一人歩き、その対策とは?|女性の防犯・防災対策(セコムのページ)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧