日吉駅の周辺や箕輪町で、0~2歳児向け「小規模保育」の複数整備に期待

横浜日吉新聞
2017年度へ向けての整備が必要な地域に日吉駅周辺が入っている

2017年度へ向けての整備が必要な地域に日吉駅周辺が入っている

横浜市はこのほど、2017年4月に新設する0~2歳児向けの小規模保育園(小規模保育事業)について、複数の整備が必要な地区として港北区内の日吉1~2丁目日吉本町1丁目、箕輪町1~3丁目の3地区を指定しました。市内ではこのほか、神奈川区の新子安駅周辺や青葉区のたまプラーザ駅周辺も選ばれています。

港北区内では2016年4月に綱島と日吉で6つの小規模園が新設され、来年4月には7園の認可園新設も予定されていますが、日吉駅周辺や箕輪町内が手薄になっています。そのやめ、来年度オープンの重点地区として指定したとみられます。

小規模保育園は2015年4月から始まった制度で、受入数が不足している0~2歳児のみを対象とし、定員6~19人の比較的小さな施設となっているのが特徴。ビルの一室などでも開設ができるため、駅周辺の便利な市街地での整備が期待されています。一方、小規模保育園を終えた3歳児からの預け場所をどうするのかとの課題も持ち上がっています。

【関連記事】

まだ認可保育所が足りない日吉と日吉本町駅周辺、「重点整備地域」に指定継続(2016年4月18日)

<日吉・綱島の認可保育所>来年4月に7園新設し定員440人増、綱島台や綱島上町にも(2016年4月13日)

保育所不足の日吉と綱島に9園を新設、約260人分の受け入れ枠を拡大(2016年3月6日)

【参考リンク】

29年4月に向けた横浜市小規模保育事業 整備が必要な地域一覧PDF、2016年4月28日、横浜市)

平成29年4月開所に向けた小規模保育事業の運営事業者を募集します(横浜市、5月19日まで)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧