まだ認可保育所が足りない日吉と日吉本町駅周辺、「重点整備地域」に指定継続

横浜日吉新聞
2017年4月に向けた横浜市における認可保育園の重点整備地域(2016年4月現在)

2017年4月に向けた横浜市における認可保育園の重点整備地域(2016年4月現在)

横浜市は2017年4月に整備する認可保育所について、重点整備地域として、神奈川区の新子安駅(京浜東北線)・大口駅(横浜線)とともに、引き続き日吉駅と日吉本町駅を指定しました。

これまで横浜市内では、鶴見区の鶴見市場駅(京浜急行)・尻手駅(南武線)、港北区では綱島駅も指定されていましたが、3駅の周辺では2017年4月に向けて整備計画が進んでいることから、地域を選び直したものです。

現在、重点整備地域となっている日吉駅と日吉本町駅の周辺として、下記の3エリアが指定されています。

・日吉1丁目~2丁目
・日吉本町1丁目~6丁目
・箕輪町1丁目~3丁目

重点整備地域に認可園を開設すると補助金が増額される(横浜市の資料より)

重点整備地域に認可園を開設すると補助金が増額される(横浜市の資料より)

これまで指定されていた日吉3~7丁目や下田町については、2017年4月に日吉5丁目に2園、下田町に1園の認可保育所建設が決定したことから、重点整備のエリアから外れたようです。

一方、日吉駅や日吉本町駅の周辺、箕輪町ではまだ認可園が不足しています。現在、横浜市では2016年5月13日まで来年4月に認可園を開設する事業者を募集しており、重点整備区域で整備する場合は補助金額を増額するとしています。

【関連記事】
<日吉・綱島の認可保育所>来年4月に7園新設し定員440人増、綱島台や綱島上町にも(2016年4月13日)

【参考リンク】

横浜市こども青少年局の保育所整備に関するページ

平成29(2017)年4月に向けた横浜市民間保育所 整備が必要な地域一覧PDF、2016年4月現在)

平成29年度4月開所分「内装整備費補助事業(二次募集)」について(横浜市、2016年5月13日まで)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧