<日吉複合開発地の新小学校>最新エコ設計と図書室の「メディアセンター」化を提案

横浜日吉新聞
新小学校のイメージイラスト(横浜市が公開した提案資料より)

新小学校のイメージイラスト(横浜市が公開した提案書より)

旧アピタ日吉店などの巨大跡地を使った「野村不動産日吉複合開発計画(仮称)」(箕輪町2丁目)内に建設が予定されている新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」について、設計事業者が吹き抜けの立体構造となった「メディアセンター(図書室とパソコン教室、多目的室)」の設置を横浜市に提案していることがわかりました。

横浜市は新小学校について、「環境未来都市にふさわしい地域の中心的な施設として住民が愛着を持てるよう、地区のまちづくりコンセプトや良好な景観の創出に配慮した学校施設」として、設計業務を行う事業者を今年(2016年)1月29日から公募していました。

4つの建築事務所から提案が行われたなかで、市は3月30日付けで東京都中野区に本社を置く株式会社奥野設計を受託候補者として選びました。同社はこれまでに杉並区立泉南中学校や同区立高井戸第二小学校などを手掛けた実績があり、「総合的な課題解決能力」(同市)が評価されたようです。

「正門」は再開発地を縦断する新たな道路側に計画

(横浜市が公開した提案資料より)

校舎などの配置計画(左側)と施設のゾーニング図(右側)(横浜市が公開した提案書より)

日吉台小学校第二方面校(仮称)の設計受託候補者に選ばれた奥野設計は、出入口となる校門の位置について、建設中の大規模マンション「プラウド日吉」などに面する道路側を「南門」とし、再開発地内に新たに設けられる西側の通路に「正門」を設ける計画としています。

設計のコンセプトは、「緑豊かで高さを抑えた、圧迫感の少ない小学校」とし、現在の敷地内にある樹木の積極的な活用を提案。再開発地に建設が予定されるマンションや運動場の日照確保のため、校舎の4階部分を下の階(3階)よりも後退(セットバック)させ、緑化テラスを設置。最上階(4階)はガラスの回廊とする案を示しました。

学校内は「行き止まりのない回廊性」を重視し、“L字型の普通教室ゾーン”“体育館などのスポーツゾーン”“特別教室・多目的教室ゾーン”という3つのエリアを明確化。特に体育館は、東側の日本大学高校・中学校のクラブハウスや体育館と隣接する場所に配置することで、「スポーツゾーン」というイメージを打ち出す構想です。

メディアセンターのイメージイラスト(横浜市が公開した提案書より)

メディアセンターのイメージイラスト(横浜市が公開した提案書より)

注目は2階に設置される図書室で、隣のパソコン室と合わせた「メディアセンター」として整備。上部を吹き抜けとすることで、3階の「多目的室」とともに立体化した構造としているのが大きな特徴です。

イメージスケッチを見る限りでは、1階と2階が吹き抜けになったエントランスから階段で容易にアクセスができ、運動場方向が一面ガラス張り採光となっています。

このメディアセンターは、大学に設けられる最新図書館のようなイメージさえあります

横浜市は導線や図書館を評価、吹き抜けは要検討

各教室の配置イメージ(横浜市が公開した提案資料より)

校舎内における各教室の配置イメージ(横浜市が公開した提案書より)※クリックで拡大

一連の巨大再開発地が「環境未来都市」を志向していることから、新小学校でも“エコ”を十分に意識した作りとなっています。普通教室や特別教室がある校舎上部には、太陽光発電パネルや太陽光集熱器を設置し、プールのシャワーをはじめ、理科室や家庭科室の給湯に使用する構想だといいます。

普通教室には庇(ひさし)バルコニーを設け、南面は緑のカーテンとし、西側は木材の遮光ルーバー(格子)を設置するなどの独自性もみられます。

奥野設計によるこうした提案に対し、横浜市は「大規模校として求められる明快な動線計画や、コンパクトな配置計画、図書室を中心とした学習活動に対応した建築空間、グラウンドへの日照の配慮」について評価しています。

一方で、「西側教室や吹き抜け部分については、今後の設計の実施において省エネルギーやコストも含めたさらなる検討が必要」とも述べており、西日を避けるために西側に取り付けるルーバーや、吹き抜け構造については再検討が必要だとの考えを示しています。

今回は設計者側からの提案であり、最終的な決定権は横浜市にあるため、実際にすべてが実現されるわけではない点に注意が必要です。

今後、この案を元に約1年間かけて基本設計が行われる予定で、その後1年間の実施設計を経て、2018年6月ごろから工事に着手。2020年4月の開校を目指す方針です。

【関連記事】

<アピタ跡の再開発地>新小学校は日大高校の裏手、プラウド日吉近くに建設(2016年1月31日)

アピタ跡地などに「日吉複合開発」の名称、高齢者向け住宅や買物施設も設置へ(2016年3月30日)

<日吉新生活ガイド4>日吉と綱島で家やマンションを買うなら小学校区に注意を(2016年3月28日)

【参考リンク】

日吉台小学校第二方面校(仮称)新築工事に伴う設計業務委託PDF、設計者の決定について)

日吉台小学校第二方面校(仮称)新築工事に伴う設計業務委託「提案書」PDF、受託候補者からの提案書)

計画地の概要PDF、詳細な地図、横浜市)

株式会社奥野設計(日吉台小学校第二方面校<仮称>の設計受託候補者)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧