綱島街道沿いの公益社が12/10(日)に3周年感謝祭、パン・野菜販売や体験イベントも

横浜日吉新聞

なかなか普段は入る機会がない施設を見学してみませんか。綱島街道沿いに2014年12月にオープンした公益社日吉会館(箕輪町2)では、開館してから3周年を迎えるにあたり、地域に開かれた3周年感謝祭を(2017年)12月10日(日)10時から15時まで開催します。

葬祭大手の「公益社」日吉会館が3周年の感謝祭を開催。地域に折り込まれたチラシにも感謝の想いが込められているという(同館提供)

葬祭大手の「公益社」日吉会館が3周年の感謝祭を開催。地域に折り込まれたチラシにも感謝の想いが込められているという(同館提供)

同館の「職員手作り企画」という感謝祭では、野菜(100円均一で販売、売り切れ次第終了)や、初めての試みというデニッシュ食パン(300円、10時・13時より)の即売会、手相研究家による占いコーナーオリジナルストラップ作りなど誰でも参加できる無料での体験イベントを実施。

13時30分から予定されている「家族葬セミナー」(参加無料・要事前予約)では、1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定・葬祭ディレクター技能審査制度)で、同社葬祭研究所の主任研究員・安宅秀中(あたぎひでなか)さんが登壇。家族葬は簡単に行えるのか、値段も安いのか、誰を呼べばよいのかといった疑問に答える予定です。

「なかなか日頃親しむことがない葬祭の世界ですが、葬儀や葬祭にまつわる不明点や心配なことも解消してもらえれば」と、日常生活ではあまり目にすることのない、祭壇やお棺(おかん)の展示を行い、葬儀についても同社の葬祭ディレクターが個別に相談にも応じるとのこと。

テレビ出演などで話題の葬祭ディレクター・安宅秀中(あたぎひでなか)さんによる「家族葬セミナー」や、野菜やパンの即売会などイベントももりだくさんとのこと(同館提供)

テレビ出演などで話題の葬祭ディレクター・安宅秀中(あたぎひでなか)さんによる「家族葬セミナー」や、野菜やパンの即売会などイベントももりだくさんとのこと(同館提供)

ゆっくりと休憩できるという無料の喫茶コーナーも設置し、抽選会や来場者プレゼントも用意しているとのことで、「会館の中を自由に見れる貴重な機会となります。近隣の皆様にはぜひ当日ご来場、またお立ち寄りいただければ」と、同館では、開館4年目に向かう同館への来訪を呼び掛けています。

なお、例年好評を博しているという終活写真撮影や、フラワーアレンジメント教室などの一部イベントは既に満員とのことです。

同館は、関西圏を発祥とし創業から80年超となる葬祭大手の株式会社公益社(本社:大阪市)が運営。日吉には2005年に日吉駅近くの日吉本町1丁目に営業所を設立し初進出。今回の会場となる会館の完成に伴い営業所も現在地に移転、セレモニー事業もあわせ行っています。

“超”少子高齢化社会を迎え、また団塊の世代が後期高齢者となる「2025年問題」も迫るなか、少しでも早く、また深く自身の葬儀やエンディングについて身近な場所で考えたいという方にとっても最適なイベントになりそうです。

【参考リンク】

【公益社 日吉会館】3周年感謝祭(公益社のサイト)

公益社日吉会館(公益社のサイト)※アクセス地図あり・日吉駅東口から徒歩約8分

助けて!きわめびと~1級葬祭ディレクター安宅秀中(あたぎ・ひでなか)さん(NHKのサイト)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)