下田町の旧「サミット」裏手で新たなスーパー建設の動き、平屋建ての建物を計画

横浜日吉新聞

昨年(2016年)6月に閉店した下田町5丁目の「サミットストア日吉店」の裏手に位置する駐車場に、新たなスーパー建設の動きがあることがわかりました。

スーパー建設の動きがある下田小学校バス停後方の駐車場

場所は「下田小学校」の日吉駅方面行バス停の後方にある約1300平方メートルの駐車場で、現地には「開発計画のお知らせ」と題した看板(標識)をすでに掲出。これによると地上1階建て(高さ6.4メートル、延べ床面積736平方メートル)の店舗とともに、7台の駐車場を設ける計画としています。

下田町ではサミットの閉店以後、食品スーパーの“空白地帯”となっていたため、新たに開店となれば、周辺住民にとって朗報と言えそうです。

(※)本記事は読者の方からの情報提供をきっかけに掲載しました。ありがとうございます。

【関連記事】

45年間を涙で終えたスーパー「サミット日吉店」、跡地は一戸建て住宅地との声(2016年6月26日)

<下田小>校門前のバス通り両側に歩道整備へ、用地取得が順調なら3年後(2017年5月31日、建設予定地前のバス通りでは歩道整備計画も)

【参考リンク】

「開発計画のお知らせ」と題した看板(標識)が掲出されている場所(グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)