男女プロ選手を多数輩出、伝統の「駒林サッカークラブ」がサイトを刷新

横浜日吉新聞

駒林小学校(日吉本町2)や北綱島小学校(綱島西5)などの周辺小学校で活動する地域の小学生サッカーチーム「駒林サッカークラブ」(駒林SC)は、このほど公式Webサイトをリニューアルし、神奈川県少年サッカー大会で優勝したり、プロ選手7人を輩出したりした伝統の歴史をサイト上で公開しました。

このほどリニューアルした「駒林サッカークラブ」(駒林SC)の公式サイト

駒林SCは1974(昭和49)年に駒林小の創立と同時に創設され、1997年度には全日本少年サッカー選手権神奈川県大会でベスト8、1999年度には県少年サッカー大会で優勝しています。

同クラブ出身のJリーグ選手が多いのも特徴。古くは浦和レッズの選手時代に日本代表に選ばれ、1998年のワールドカップ仏大会への初出場に大きな役割を果たし、“野人”という愛称で日本中を沸かせた岡野雅行さんをはじめ、「日吉のヒーロー」として横浜F・マリノスなどで愛された現アルビレックス新潟の富澤清太郎選手、横浜F・マリノスで若手の有望選手として注目が集まる富樫敬真(けいまん)選手らが知られています。

また、同クラブ内には区内唯一となる女子チーム「Rosa(ローザ)」も設けており、女子でも日テレ・ベレーザなどに所属した井関夏子さんをはじめ、元AC長野パルセイロの浦崎優花さんなでしこジャパンにも選ばれた岡山湯郷Belleの木竜七瀬選手も輩出しました。

現在同SCは駒林小や北綱島小のほか、日吉台小学校(日吉本町1)や日吉南小学校(日吉本町4)、高田東小学校(高田東2)などを練習場所としており、幼稚園の年中から小学6年生までが所属。土・日・祝祭日を練習日とし、部費は月額2000円など。

このほど刷新された新たなサイトでは、試合結果の細かな報告をはじめ、入部に関するFAQなどが詳しく掲載されており、興味のある人には役立つ内容となっています。

【関連記事】

五輪候補!日吉出身の富樫選手も後押し、港北区と更なる地域密着を目指す横浜F・マリノス(2016年5月1日)

【参考リンク】

駒林サッカークラブの公式サイト


関連スポンサー広告(グーグルから配信)