<東急電鉄・横浜市>2018年2月までに綱島駅へ「ホームドア」設置の意向

横浜日吉新聞
現在の綱島駅ホームにはドア間に柵のみが設置されている

現在の綱島駅ホームにはドア間に柵のみが設置されている

東急電鉄や横浜市は、200メートル超の長さを持つ綱島駅の上下線ホームにホームドアを設置し、2018年2月ごろにも使用を始めたい意向を持っていることがわかりました。横浜市が持つ資料により明らかになったものです。

東急電鉄では2020年を目標に全線の64駅で設置する構想を打ち出しており、来年(2017年)3月までには日吉駅と菊名駅(渋谷方面ホーム)でも設置を終わらせたい考えです。

港北区内にある東横線の駅では、大倉山が今年(2016年)5月から使用を開始しています。残る妙蓮寺駅についても2018年3月までには設置される見込みです。

なお、2019年4月に開業予定の相鉄・東急直通線は、新綱島駅も含め、全駅にホームドアが設置されるとみられます。

【関連記事】

日吉駅の東横線側にも「ホームドア」設置へ、6月に着工し来年完成の計画(2016年4月5日)

【関連リンク】

2020年を目標に東横線・田園都市線・大井町線の全64駅にホームドアを設置します(東急電鉄、2015年1月9日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)