新横浜線の開業記念で4月22日に「大相撲巡業」、横浜アリーナで4年ぶり

横浜日吉新聞

開業間もない新横浜線で、4年ぶりとなる「大相撲巡業」を観に行きませんか。

「新横浜線(相鉄・東急直通線)」の開業(3月18日)から1カ月ほど後となる今年(2023年)4月22日(土)、新横浜駅近くの横浜アリーナでは大相撲の春巡業「横浜アリーナ場所」が予定されています。

4月22日(土)に横浜アリーナで開かれる「大相撲横浜アリーナ場所」の案内チラシ(公式サイトより)

横浜アリーナでは2019(平成31)年4月に大相撲巡業が18年ぶりに開かれ、約8000人の相撲ファンを集めるなど大きな話題となり、翌年も開かれる予定でしたが、新型コロナウイルス禍により開催を断念していました。

2019年4月の開催時には約8000人を集める盛況ぶりだった(2019年4月27日、横浜アリーナ)

今年、横浜アリーナで4年ぶりに開かれる巡業では「相鉄・東急新横浜線 開業記念」と銘打たれているように、同線の開業により日吉や綱島などからも会場へ容易にアクセスができるようになります。

幕下以下から幕内まで多数の取組が予定され、郷土力士の出場も楽しみ。写真は綱島ゆかりの力士として知られる幕下の鳩岡(同)

大相撲の巡業は、幕下以下の力士から幕内まで多数の取組が予定されているだけでなく、朝9時ごろからの公開稽古に始まり、午前中は本場所では聴く機会のない「相撲甚句(じんく)」や、相撲の禁じ手を面白おかしく実演する「初切(しょっきり)」など余興も満載。

「初切(しょっきり)」など本場所では見られない余興には笑いが絶えない(同)

半日以上にわたって相撲の魅力や楽しさを伝える内容となっています。

チケット(1人3000円~1万4500円)はすでに昨年秋から「チケットぴあ」や「ローソンチケット」、「イープラス」などで販売が始まっており、土俵に近い席から順に売り切れつつあります。

土俵近くのタマリ席(座布団付き)からチケットが売り切れつつある(同)

国技館以上の収容人数を誇る横浜アリーナでの“大型巡業”となるだけに土俵まわり(タマリ席=座布団席)や1階のイス席などは早い段階で確保したいところです。

【関連記事】

・【約4年前の前回レポート】横浜アリーナの30周年記念、18年ぶり「大相撲巡業」に8000人が詰め掛ける(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年4月28日)

【参考リンク】

2023年4月22日(土)開催「大相撲横浜アリーナ場所」の公式サイト(横浜アリーナ)

巡業の一日(日本相撲協会、巡業内容の一例)


カテゴリ別記事一覧