<高校野球春季大会>日大・塾高ともベスト8、4/24(土)から桐蔭など強豪と対戦

横浜日吉新聞

日吉スポーツ夏の甲子園大会のシード権をかけ、2016年3月26日(土)から地区予選が始まった高校野球の春季神奈川県大会(春季大会)日大高校慶應義塾高校(塾高)は、日吉の2球場で行われた横浜地区予選(3試合)と、その後の県大会(3試合)も順調に勝ち進み、両校とも見事に準々決勝(ベスト8)へ進出しました。

4月17日(日)に行われたベスト16の試合で日大高校は、同じ港北区内にある武相(ぶそう)高校(仲手原2)を11対8で逆転勝ちし、準々決勝にコマを進めました。

一方、塾高は18日(日)の試合が荒天で中止となり、20日(水)に行われた川崎北高校との試合では、10対0の5回コールドで完勝しています。

春季神奈川県大会のトーナメント表(神奈川県高校野球連盟ホームページより)

春季神奈川県大会のトーナメント表、左上の1番が日大高、右下の84番が塾高(神奈川県高校野球連盟ホームページより)

準々決勝では、日大高校は、甲子園への出場経験も豊富な桐蔭学園を相手に、あす23日(土)10時から対戦します。桐蔭学園とは2012年と2007年、2003年の秋季大会で当たったことがありますが、いずれも日大高校が敗れているだけに、かなりの強敵です。

塾高は24日(日)12時30分から、こちらも甲子園への出場経験が多い桐光学園と対戦となります。2008年の秋季大会準々決勝や2006年春の準々決勝で下した相手ですが、ここ10年間の通算成績は2勝6敗と塾高の分が悪く、2015年夏の神奈川大会準々決勝などこのところは4連敗を喫しており、簡単に勝てる相手ではありません。

両校とも試合会場は保土ヶ谷球場となります。きわめて厳しい戦いとなりますが、何とか勝ち残って決勝戦で“日吉対決”となることを期待したいところです。

なお、4月30日(土)と5月1日(日)に行われる準決勝と決勝戦の3試合は、ケーブルテレビ「イッツコム(ITSCOM)」で生中継も予定されています。

【関連記事】
日吉の高校野球シーズン開幕、3/29(火)も10時から慶應高と日大高で計4試合(2016年3月26日)

【参考リンク】

神奈川県高等学校野球春季大会(神奈川県高野連)

【生中継】春の高校野球神奈川大会、準決勝と決勝の熱戦を放送!!(イッツコム=ITSCOM)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧