初笑いは慶應日吉で、高校野球が題材の青春コメディー劇、1/9(土)から無料公演

横浜日吉新聞
エネルギッシュなパワーに満ちた案内チラシ。野球部らしい「アツさ」や元気さが伝わってくる作品に仕上がっている。無料カンパ制なので気軽に観ていただけます、と作・演出の永滝さん

エネルギッシュなパワーに満ちた案内チラシ。野球部らしい「アツさ」や元気さが伝わってくる作品に仕上がっている。無料カンパ制なので気軽に観ていただけます、と作・演出の永滝さん

慶應義塾大学最大の公認演劇サークル「創像工房in front of.」が、2016年初の迎春コメディ公演「バチコイ!!―副キャプテン、野球部やめるってよ?」を1月9日(土)から3日間、慶應日吉キャンパスにて行います。

今回の公演は高校野球部が舞台の「新春ドタバタエンターテインメント劇」。新春にぴったりな「お笑い」を楽しめる作品の魅力や背景について、脚本・演出を手掛ける永滝雄治さんに聞きました。

永滝さんは、慶應義塾大学経済学部に在学中。今回が2回目の作・演出となります。初の企画は、やはり”笑い”を取るのが難しかったと語る、2013年公演のコントショー「+α(プラスアルファ)」。6本のコントを集め、「苦労した甲斐もあり、お客様にもご満足いただけたかな、と思います」と穏やかな笑顔で当時を振り返ります。

今回の題材は「やはりコメディー」(永滝さん)。前回のようにコントを集めるのではなく、4年目となる創像工房での最後の責任者としての一本のテーマとして選んだ題材は、永滝さんが中学・高校でも打ち込んだというスポーツの野球。

永滝雄治さんは慶應義塾高校の出身。大学で演劇の世界に入ったのは「創像工房の新歓企画で見た映像の素晴らしさに感激したから。4年間、創像工房で充実した日々を過ごせました」と、演劇仲間たちと熱く過ごした日々について語ってくれました

永滝雄治さんは慶應義塾高校の出身。大学で演劇の世界に入ったのは「新歓企画で見た映像に感激したから。4年間、創像工房で充実した日々を過ごせました」と、演劇仲間たちと熱く過ごした日々について語ってくれました

「中学、高校では軟式野球部に所属していました。父や兄の影響で、小さな頃から野球が好きだったんです。家には野球のテレビがついていたし、公園でキャッチボールも家族としました。部活でも、当時のチームのみんなと今でも仲良し。仲間たちと楽しい時間を過ごせたと思います」と野球が好きになった背景を教えてくれた永滝さん。「自分の経験と、今回のストーリーは全く無関係なんですが」と、はにかんだ笑顔で語ります。

学生時代は「外野を守っていた」という永滝さん。他のスポーツと比べた野球の魅力は、と聞くと、「メンバーが9人いて、それぞれが時には楽しく、時には仲良く。もめごとなどがあったとしても、チームワークを大切にし、行うスポーツであるところ」。また、「バッティング(打撃)で打った時の爽快感もたまりません。当時は、代打(ピンチヒッター)として試合に出ることも多く、悔しい思いもしました。そんな経験は、作品の中にも反映しているかもしれません」と永滝さん。

チラシの裏面。迎春コメディー作品を仕上げる過程が「スタッフブログ」にてご覧いただける。1月11日(月・祝)は11時11分からの公演も。お早目にお越しいただけたら、とのこと

チラシの裏面。迎春コメディー作品を仕上げる過程が「スタッフブログ」にてご覧いただける。1月11日(月・祝)は11時11分からの公演も。お早目にお越しいただけたら、とのこと

今回の作品は高校二年生の冬、春夏に向けた合宿で「野球部、やめたいんだけど。」と言いだした副キャプテンがテーマ。「実際に、部を辞める仲間もいて、残念に思っていました。けれど、そんな中にも、大学生になった今、また一緒に仲良く野球をやれるメンバーもいるんです」。

この「バチコイ!!」でも、「参加スタッフのチームワークがとても良いんです。この作品の制作の模様を伝えるウェブブログも、参加しているスタッフの多くが書いてくれています。自分も、役者や照明担当を行うことが多いのですが、役者だけでなく、照明や音響など、演劇を作る過程の舞台裏も感じていただけるので、ぜひご覧いただきたいです」と、創像工房での4年間の集大成としての作品の裏舞台についても教えてくれました。

「迎春」公演とあり、「初笑いをお楽しみいただけます。まだお正月気分、の方もいっぱいいらっしゃると思うので、”深いことは考えず、頭を空っぽにして”来ていただきたいです」と永滝さん。

創像工房の新春公演「バチコイ!!―副キャプテン、野球部やめるってよ?」は、「多くの皆さんに観ていただきたいので」と、入場料金は無料(カンパ制)。慶應日吉キャンパス内の「塾生会館」地下1階アトリエ合C(日吉駅より徒歩5分)にて。1月11日(月・祝)は11時11分からの公演もあります。年の初めの初笑い、ぜひ、一年間の招福にご観劇ください」とのこと。

予約は下記のリンクをご参照ください。

【参考リンク】

「創像工房 in front of.」公式ホームページ

バチコイ!! ―スタッフブログ、やるってよ?(Amebaブログ)

バチコイくん(公式Twitter)

「バチコイ!! ー副キャプテン、野球部やめるってよ?」予約ページ(CoRichチケット!)

【関連記事】

慶應最大の演劇集団「創像工房in front of.」が10/30(金)から日吉で公演(2015年10月27日)

創像工房から生まれた映像集団「ドグマ93」が慶應日吉で初の演劇オムニバス公演(2015年11月25日)

慶應最大の劇団「創像工房in front of.」新代表が主役”人の幸せ”を描く最新公演(2015年12月14日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧