建設工事が本格化する「綱島SST」、アップル研究施設の施工業者も大林組に

横浜日吉新聞
建設工事が本格化してきた「綱島SST」の様子(2015年9月29日撮影)

建設工事が本格化してきた「綱島SST」の様子(2015年9月29日撮影)

“次世代都市型スマートシティ”として再開発が行われている「Tsunashima(綱島)サスティナブル・スマートタウン」(綱島SST、綱島東4のパナソニック工場跡地)では、先月(2015年9月)から米国アップルの日本法人であるApple Japan(アップルジャパン)合同会社による研究開発拠点の建設が本格化しています

アップルの研究開発施設は「テクニカル・デベロップメント・センター」(TDC)と名付けられ、地上4階建ての施設1棟と地上1階建て施設1棟の計2棟を、東京ドームのグランド面積ほどの敷地(1万3000平方メートル)に建てられることになっています。

工事期間は1年半後の2017年3月末日までとしており、再来年の春までには完成した姿が見られそうです

アップル施設建設工事の現場入口付近には大林組の看板が掲げられている

アップル施設建設工事の現場入口付近には大林組の看板が掲げられている

9月29日現在、敷地内にはダンプカーや大型クレーン車が複数台出入りしており、工事が本格的に始まったことがうかがわれます。

8月の段階では施工業者は未定とされていましたが、設計を担当した大林組が工事も担当するようで、工事現場には「綱島TDC計画」という名称と、大林組の企業ロゴが描かれた看板が設置されています。

アップルの隣では、綱島SSTのエネルギー管理などを行う「タウンマネジメント施設」の工事も11月に控えており、こちらも大林組の看板が掲げられているため、工事も担当する可能性がありそうです。

なお、もう一つの大型施設である「アピタ横浜綱島店」については、今のところ動きは見えませんが、予定では来年(2016年)3月までには工事に着手し、2017年4月以降に建物を完成させることになっています。

【関連記事】

エコタウン開発を目指すパナソニック跡地、9月中旬から米アップル大型施設の建設に着手(2015年8月18日)

パナソニック跡地開発「綱島SST」、11月にもタウンマネジメント施設の建築に着手(2015年8月30日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧