綱島街道と東横線に挟まれた「細長く狭い土地」(箕輪1)の商業テナント取り壊しか

横浜日吉新聞
すでに建物はシートで覆われている(9月2日)

すでに建物はシートで覆われてしまっている、右後方に見えるのは日吉本町1丁目にあるコーエーのビル(9月2日撮影)

綱島街道(県道2号東京丸子横浜線)と東急東横線に挟まれた箕輪町1丁目にある飲食店テナントが間もなく取り壊されそうです。建物2階にはスナック「KAKO(カーコ)」だけが残っていましたが、2015年9月2日現在はシートで覆われた状態となり、間もなく解体作業に入る見通しです

場所は日吉台学生ハイツ(東京・スチューデントハウス日吉台)の綱島街道を挟んだ目の前あたりにある細長い建物で、最近まで1階には居酒屋「とりどり(鳥彩)」や設計事務所(エー・エム・エーデザイン建築設計事務所)などが入居していました。

ただ、東急と相鉄線の相互乗り入れにともなう工事により、建物からの立ち退き要請が出ていたようで、今年初めまでに居酒屋は閉店し、設計事務所は昨年10月に駅近くへ転居していました。

手前に綱島街道、後方には東急の線路があるため、狭隘な土地に建てられていた(2015年)

手前に綱島街道、後方には東急の線路が迫っているため、建物は細長い狭隘な土地に建てられていた(2015年7月28日撮影)

もともとこの場所は、日吉台学生ハイツと同じく「箕輪池」と呼ばれていた池の一部を埋め立てた土地とみられ、池の上に綱島街道が開通したことで、東横線の線路との間に挟まれる形となってしまい、結果として狭あいな敷地となっていたようです。

今後、綱島街道沿いでは、4車線への拡幅や相鉄乗り入れの鉄道線新設工事の影響もあり、立ち退いたり、場所を移したりする建物が増えてきそうです。既に一部の建物は立ち退きに合意したといわれていますので、道路沿いの風景が少しずつ変化していくかもしれません。

【関連記事】
日吉駅近くで大規模開発も、日吉台学生ハイツが来年3月に閉館へ(2015年7月26日)
2019年4月の東急・相鉄直通まで4年弱、日吉住民から見たメリットとデメリットを考える(2015年8月15日)
ネット上の古地図や写真で日吉の街をバーチャルタイムスリップしてみませんか?(2015年8月29日)

【参考リンク】※いずれも閉店
パブスナックかーこ(KAKO)(日吉の飲食店組合による紹介※ページ下部に「地元の方が、ぶらっと寄るスナック。気取らずにフランクに楽しめる雰囲気のお店」とある)
居酒屋「とりどり(鳥彩)」(「食べログ」による紹介、5件の口コミ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧