<アピタの閉店>継続営業するテナント名を店頭告知、独自でセール行う店も

横浜日吉新聞
アピタ日吉店の駐車場側入口(11月1日)

アピタ日吉店の駐車場側入口の「閉店売り尽くし」の横断幕下に継続営業の店舗名が告知されている(11月1日)

2015年11月29日(日)の18時に閉店することを公式に発表した「アピタ日吉店」(箕輪2)は、日吉駅側と駐車場側の店内入口2カ所に閉店後も営業する専門店街の店名をあげ「11月29日以降も営業いたします」との掲示を始めました

アピタの閉店日以降も営業を継続するのは、次の5店です。

<1階>

・宝飾店「ヒラタ」

・喫茶「カフェ・ラ・ターブル」

・サブウェイアピタ日吉店(敷地内)

<2階>

・サンテラス歯科

・美容室「プルミエ・ココ・コアフュール」

11月1日から始まった「ヒラタ」による独自セールのチラシ

11月1日から始まった「ヒラタ」による独自セールのチラシ

このなかでは、サンテラス歯科が付近の電柱看板などで継続営業の告知を行っているほか、宝飾店「ヒラタ」は11月1日から「理由(わけ)あって全品売り尽くしセール」と題したチラシを独自に制作して新聞に折り込み、特売を開始しています。

なお、アピタ日吉店では閉店までに残り4回の閉店セールを予定しており、毎週木曜日から日曜日の4日間が開催日となっています。

残り1カ月を切り、店内にある「お客様の声のポスト」の受付が停止されたり、これまでは有料だったレジ袋が告知なく無料となったり、閉店へ向けてさまざまな細かな変化も目立つようになってきました。

 

【関連記事】

アピタ日吉店の閉店セール初日から賑わう、「サブウェイ」だけが11月29日以降も続行表明(2015年8月27日)

アピタ日吉店の閉店後も、「サンテラス歯科」はしばらく現在地で診療を継続(2015年9月29日)

39年間の思い、少しホロリとさせられるアピタ日吉店「お客様の声のポスト」(2015年10月9日)

【参考リンク】

アピタ日吉店(最新チラシはこちらで公開中)

【地図・ルート】グーグルマップ※日吉駅東口から700m(徒歩約8分)

【交通】日吉駅東口(綱島街道)乗り場から発車するどのバス路線も利用可能、2つ目の「ユニーサンテラス日吉」(日91・92・93・94・95系統)もしくは「箕輪町舟下」下車すぐ


関連スポンサー広告(グーグルから配信)