JR山手線や京浜東北・根岸線など、2023年元旦まで「終夜運転」を実施

横浜日吉新聞

JR東日本では今月(2022年)12月31日(土)の大みそか深夜から2023年1月1日(日)元旦の早朝まで、山手線や京浜東北・根岸線など7路線で「終夜運転」を行うと発表しました。

2023年元旦まで終夜運転を行うのはJR東日本の7路線にとどまった(ニュースリリースより)

大みそかの終電後も列車を運転するのは「山手線」(1時~5時頃、約15分間隔)や「京浜東北・根岸線」(桜木町~大宮、1時~4時頃、約20~50分間隔)と横須賀線横浜駅から逗子駅間(1時~5時頃、約80分間隔)、「中央・総武線各駅停車」(三鷹~千葉、0時30分~5時頃、約10~80分間隔)など。

東海道線や横浜駅から東京駅方面への横須賀線では今年も終夜運転を行わず、昨年は運転されていた湘南新宿ラインも実施を見送っているため、JR武蔵小杉駅は終夜運転の対象外となりました。

なお、都営三田線などの東京都交通局は終夜運転を行わない方針を決めており、東急電鉄や横浜市営地下鉄、東京メトロは12月1日時点で方針を発表していません。

【関連記事】

・【前年記事】<2022年元旦>今年も東横線・グリーンラインで「終夜運転」は行わず(2021年12月13日、新型コロナ禍以降は終夜運転を取り止めている)

【参考リンク】

JR東日本「大晦日終夜運転のお知らせ」PDF、2022年12月1日)


カテゴリ別記事一覧